2016年

4月

23日

2016年3月11日 丸森支局からのフォトジャーナル Vol. 2

宮城県丸森支局の太田玄周くん(11才)からフォトジャーナルが届きました。 

 

震災から5年目の3月11日に撮影した写真と共に今の気持ちを綴りました。

 

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局 

 

photo by ©Genshu Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

5年目の3月11日です。学校の下校中の道です。スイセンが咲いていました。

 

震災の時は、まだ小学校へ入学する少し前でしたが、もうすぐ6年生になります。

 

原発事故はありましたが、ふるさとの景色は変わりません。

 

 

 

太田玄周 丸森支局 11才

 

 

0 コメント

2016年

4月

13日

2016年3月11日 丸森支局からのフォトジャーナル Vol. 1

宮城県丸森支局の太田和馬くん(15才)からフォトジャーナルが届きました。

この春、高校進学で大きく環境が変わる和馬くん。震災から5年が過ぎての思いをつづってくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

震災から5年たって

 

太田和馬

 

5年たって僕には大きく変わったことが多くある。中学生になって、あっと言う間に高校受験が終わった。

5年の間には色々なことがあった。好きな女の子ができた。その子と付き合い始めてから半年ちょっとになる。

町内唯一の中学校に別々の小学校から入学して、偶然クラスが三年間一緒だった。

 

大熊町から原発事故によって避難してきた子だ。

 

僕は東日本大震災によって失ったものはほとんどない。だから僕には彼女がどういう思いで毎日を送っているのかは分からない。

 

でも、今いる場所、生まれ育った故郷には二度と戻れなくなったら。しかも突然に。一週間離れただけで懐かしくなるこの町を、

永遠といっていいほど失う。その恐ろしさや悲しみを、僕たちは多分まだ知らない。

 

みんなが故郷に還れるまでが震災だ。

 

誰も震災をまだ終わりとしてはいけない。

 

 

輝くススキ
photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

輝くススキ

 

 

photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

屋根にて 一羽だけの鳥が空を広々と飛んでいる

 

 

photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

震災から5年がたった今も、何も変わらない朝日が昇った

 

 

太田和馬 丸森支局 15才

 

 

0 コメント

2016年

4月

05日

2016年3月11日 飯舘村支局からのフォトジャーナル

福島県の飯館村支局の菅野大輝君(18)は、5年が過ぎても福島第1原発事故の影響で人が暮らせなくなった故郷のことをつづってくれました。

菅野君は高校を卒業し、警察学校に入校するため、KPJの活動に一区切りをつけます。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal

震災から5年目を迎えて

 

菅野大輝

 

2016年3月11日の東日本大震災から5年目を迎えました。

節目の年と言われますが除染作業が終わらず私たちにとっては、節目の年は関係ありません。

飯舘村、除染作業が終われば、来年の春に帰村宣言をして避難解除する見込みです。

当時中学一年生でした。昨年高校三年生となり、今年の春に卒業しました。

除染作業も少しずつ進み、現在は村内のあちこちにフレキシブルコンテナバック(フレコンバック)が山積みとなっています。

今年一年で除染作業を終わらせ来年の春に避難を解除する見込みです。

除染が終わっていないのに、一年以内にフレコンバックを片付けることができるのでしょうか?

またはフレコンバックに入った除染廃棄物と共に生活をしていかなくてはならないのでしょうか?

また震災当時山の中で生活していた動物たちが、里に下りてきて、人間が植えていた花や野菜を食べて生活しているのです。

人間が近づいても逃げないのです。

聞いた話ですが、「イノシシが主(あるじ)で私たちがお客さんだ」と言っていました。

この5年間でかなり環境が変わってしまったと思っています。

これから地元へ帰るとなるとまだまだたくさんの課題が残っています。

 

photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/311 Kids' Photo Journal

飯舘村支局 菅野大輝 18才

 

0 コメント

2016年

3月

28日

2016年3月11日 吉里吉里支局からのフォトジャーナル

岩手県吉里吉里支局の小川留以さん(13)が、フォトジャーナルを送ってくれました。

活動一年目の2011年から線路を撮り続けてきた留以さん、今回も吉里吉里駅で撮った線路、身近な人の写真や

作文をとおして吉里吉里の今を伝えます。

 

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

 

5年経って思うこと

 

小川留以

 

震災から5年は、すごく早く感じました。

あの時、私は小学2年生でした。

ひいおばあちゃんが流され、4月には妹が生まれました。

今は中学生になって、盛り土がすすみ、家を建てる人も増えてきました。

でもまだ汽車は走らない。

平成30年には汽車が走る予定だそうです。

それを楽しみに過ごしていこうと思います。

 

 

photo by ©Rui Ogawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/311 Kids' Photo Journal

 

越田さん

 

震災で旦那さん、家を流されました。

これからどうやって生活していくか悩んでいた。

今は、家と店を建て、震災前の仕事とは別の動物のトリマーをしています。

動物とふれあっていることに生き甲斐を見つけたと話していました。

 

 

photo by ©Rui Ogawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/311 Kids' Photo Journal

 

今までも、線路を撮ってきた。

私は一度しか汽車に乗ったことがないので、また乗りたい。

汽車が通ることで、復興が感じられると思う。

 

吉里吉里支局 小川留以 13才

 

0 コメント

2016年

3月

21日

2016年3月11日 福島支局からのフォトジャーナル

福島支局の丹治那月君(12)から最後のジャーナルが届きました。

活動を始めた時、小学生だった那月君も中学生になり、部活や勉強が忙しくなるため、今年度でKPJを卒業します。

これまで家族をまっすぐと見つめたブログを発信してくれました。

最後のジャーナルも那月君らしい温かなものです。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

この写真は、ぼくのおじいちゃんとおばあちゃんが経営している「風と木」という、カフェギャラリーです。

この店では、震災の二年後に井戸をほりました。震災のとき、水道がとまってたいへんくろうしたそうです。

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

これは、風と木で出しているカレーです。一時期メニューから消えていましたが、二月ごろから復活しました。

このカレーはおじいちゃんが作っています。震災前のように、メニューがふえていってほしいです。

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

この写真は、風と木を経営しているおじいちゃんとおばあちゃんです。

しん災は、たいへんだったけど家族のことを考えるきっかけになったし、ほうしゃのうを自分で測ったり自分で決める生き方になったといっていました。

これからも、元気でいてほしいです。

 

福島支局 丹治那月 12才

 

0 コメント

2016年

3月

12日

2016年3月11日 赤前支局からのフォトジャーナル 

赤前支局の佐可野未来さん(17)が3月11日に合わせ、最近撮った写真を送ってくれました。

震災から5年、今の気持ちを綴りました。

KPJでは3月11日までに子どもたちが撮影した写真を随時アップする予定です。

速報として未来さんの記事をお届けします。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal

これは仮設住宅です。

数年前まではこの通りをたくさんの人たちが歩いていたのですが

今では閑散としています。

これが復興というものでしょうか?

取り残された私たちはとても悲しく思えてきてしまいます。

 

photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal

仮設住宅と自分の影

 

少しでも赤前にいる自分を残したくて

撮影しました。

1人は寂しいです、ちっぽけです。

 

photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal

赤前に差し込む光

お日様は毎日のように私たちを照らしてくれます。

この光をどのように利用するか、

それは私たち次第です。

 

photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal

青空と仮設住宅

私たちの気持ちを晴らすくらいの青空です。

震災から5年。

あと一歩。なかなか難しいです。

 

photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mirai Sagano/311 Kids' Photo Journal

仮設の集会所

みんなの賑わう集会所も

今は誰1人いませんでした。

この場所に来るだけで地域の皆さんの笑い声がよみがえります。

 

赤前支局 佐可野未来 17才

 

続きを読む 1 コメント

2016年

1月

15日

2016年1月 福島支局からのフォトジャーナル

 

福島支局の丹治那月君から冬休みのリポートが届きました。

愛知県のおじいちゃんおばあちゃんの家に帰省したり、福島のおじいちゃんと過ごしたりしたことを記事にしてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

これは、冬休みに愛知に帰った時の昔の野球の仲間と一緒に撮った写真です。

震災があって、おじいちゃんやおばあちゃんのいる愛知に避難した時にこの仲間たちと、野球をしていました。

今は福島に帰ってきたので一年間に一、二回しか会うことができなくなりました。

これからも愛知にいる仲間を大切にしていきたいです。

 

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

この写真は、愛知のおばあちゃんの家で育てているレモンの写真です。

木にいっぱい実っていたのですごいと思いました。おばあちゃんとレモンを収穫できて嬉しかったです。

カゴいっぱいに採れて良かったです。

 

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

この芋の写真は福島に帰ってきた後に、おじいちゃんと一緒にほったイモです。

何本かあって一本だけ残していました。その一本を僕とほりたいと思って残していました。

ほり始めて最初の方は、小さないもしか出てこなかったけどそのあと面白い形をしたイモが出てきました。

タコみたいにもイカみたいにも見えました。

おじいちゃんとイモをほれて良かったです。

 

福島支局 丹治那月 12才

 

 

0 コメント

2015年

10月

24日

福島支局からのフォトレポート 第4弾

福島支局、第4弾のレポートは丹治那月くん(12才)が夏の活動を報告してくれています。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局


photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal


この写真は、夏休み前にうえたゴーヤです。

夏休みは日ざしが強いからお父さんがみどりのカーテンを作ろうということでいっしょにうえました。

ほかにもキュウリやオクラをうえています。

キュウリはもうかれてしまいましたが、オクラはすごく大きくなって、食べたらとてもおいしかったです。

キュウリも食べたかったです。


photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

 

これは、7月30日におじいちゃんとおばあちゃんの畑にいったときの写真です。KPJの活動で畑に写真を撮りにいきました。

おじいちゃんの畑には、さといもやモロッコインゲンなどたくさんの作物がありました。

ゆみさんがぼくのおばあちゃんに案内されて畑をまわっていました。

そのあとゆみさんにきいてみると、「今年はモロッコインゲンのできがいちばんいいらしい。それと、今年の期待の星の雲南百薬(オカワカメ)という食物がある」ということでした。

そして、ぼくが夏休みにおじいさんの畑のじゃがいもをほったところには、ハクサイと、大根をうえるといっていました。

 

福島支局 丹治那月 12才

 

0 コメント

2015年

10月

20日

福島支局からのフォトレポート 第3弾

第3弾は、丹治那月くん(12才)が日々の生活の様子を報告してくれています。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

 

この写真は、ぼくの6月の誕生日のときにとった写真です。

夕飯をたべたあと、ケーキといっしょに食べました。

このけむりはアイスについていたドライアイスを水にいれたらなりました。

ぼくはこのときで12才になりました。「もう6年生か。はやいなぁ」と感じました。


photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal


これは、夏休みの始めにお父さんと那須にいったときとった写真です。

那須にある文化ホールのホールボディカウンター室に行って人形を作りました。

ホールボディカウンターとは、体内にある放射線をはかる機械のことです。

ぼくは頭の部分を作りました。とてもかたくてハンマーをつかったりしました。

すごくむずかしい所もあったけどちゃんとできました。

そのあと、みんなが作った部分を組み合わせていすにのせました。


photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/311 Kids' Photo Journal

 

福島支局 丹治那月 12才

 

2015年

10月

16日

福島支局からのフォトレポート 第2弾

福島支局の丹治基規くん(14才)の写真レポート第2弾、家庭菜園の成長を伝えてくれています。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局 

 

 

この畑は祖父母がやっていて、震災以後の畑は除染で表土5cmを削ってしまったのでなかなか育たなかったそうです。

 

photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal

写真の苗は5月ごろのじゃがいもです。7月に弟がほりおこし、じゃがバタにして食べたそうです。

 

 

photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal

写真は畑に栄養がついてきて野菜が大きく育った7月ごろの写真です。ここでは、トマト、モロッコインゲンなどたくさん植えられています。

 

福島支局 丹治基規 14才

2015年

10月

09日

福島支局からのフォトレポート 第1弾

福島県福島支局の丹治基規くん・那月くん兄弟から写真レポートが届いています。まずは第1弾として、ふたりのご祖母様が営むカフェギャラリー「風と木」が参加したイベントを取材した基規くんの記事をご覧下さい。 

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal

 

 7月12日にあづま運動公園で行われた「FOR座REST 2015」というイベントに福島市の丹治智恵子さん(68)のカフェギャラリー「風と木」が出店した。同店では笹寿司や薫製セットなどを販売した。

 

 このイベントは森の中で音楽を楽しむため2006年からはじまったが、2011年の震災以降は中止されていた。今年5年ぶりに復活し、ライブの他に約40店が参加し、多くの人でにぎわった。

 

photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/311 Kids' Photo Journal

 

福島支局 丹治基規 14才

 

0 コメント

2015年

9月

01日

2015年夏 丸森支局からのフォトジャーナル Vol.3

宮城県丸森支局 太田玄周くん(10才)のフォトジャーナル、前半に続き後半をご紹介します。

玄周くんのふるさとの様子を伝えてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

これは、去年の8月の太極拳の練習の時の写真です。

朝、練習をしていたので、旧筆甫中の2階から撮りました。

この日はとても気持ちの良い日でした。

 

 

photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

これは中学校のスロープを作っている写真です。

筆甫の人が、そのつ森のためにボランティアで作ってくれました。

今は、スロープを使っています。

 


 

photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

これ(上の写真)は、ぼくの家近くで木を切ったのを積んだ写真です。

この木は杉の木です。

ここ(下の写真)から切られた杉の木です。

筆甫で林業を営んでいる人が切りました。

なにに使われるかわからないけど、だからこんど林業を営んでいる人に聞きたい。

 

太田玄周 丸森支局 10才

photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

太田玄周 丸森支局 10才



0 コメント

2015年

8月

30日

2015年夏 丸森支局からのフォトジャーナル Vol.2

宮城県丸森支局の太田玄周くん(10才)からフォトジャーナルが届きました。

玄周くんが撮りためていたふるさとの写真にキャプションをつけてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

これは家族全員で田植えをしている写真です。

この日は一日中田植えをしていました。

ぶよがたくさんいて大変でした。

 

photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

これは学校の行事で田植えをしている写真です。

この行事は父と母が立ち上げました。

この田んぼで植えた米は筆甫の行事のもちつき大会につかわれます。


photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/311 Kids' Photo Journal

これは家の近くの木を筆甫の林業者が切っている写真です。

毎日木が倒れる音がしていました。

日当たりがよくなりました。


太田玄周 丸森支局 10才


0 コメント

2015年

8月

29日

2015年夏 丸森支局からのフォトジャーナル Vol.1

宮城県丸森支局の新しいメンバー、太田和馬くん(14才)から初めてのフォトジャーナルが届きました。

活動に参加するにあたり「日常の写真を撮り、それについて感じた事を書いていきたいと思います。」と

話してくれた和馬くん、すでに撮影していたたくさんの写真の中から、自分が気にいったものを3枚選んで

キャプションをつけました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal


この辺りでは見かけない、白い鳩。

どこから飛んできたのだろう。

僕らの町「丸森」にようこそ。

 

photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal


僕の家の庭にちゃっかり不法侵入している猫。

ノンビリ日向ぼっこをしておられるが、

その庭に暮らしてた鶏は君の友達が食べたんだぞ。

 

photo by ©Kazuma Ota /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

近くに紫陽花が咲いた。

今年は雨が少なかったけれども

無事綺麗に咲いてよかったね。

 

太田和馬 丸森支局 14才

 

0 コメント

2015年

8月

27日

2015年夏の活動第一弾 報告③ in 丸森町筆甫

2015年夏の活動二日目の7月29日は、宮城県伊具郡の丸森支局へ向かいました。

 

丸森支局ではこれまで、太田あま音さん(12才)と弟の玄周くん(10才)が姉弟で活動していましたが、この春中学生になったあま音さんは学校生活に集中するため3/11 キッズ フォト ジャーナルを卒業することに決めました。

文章が得意なあま音さんと写真が得意な玄周くんが協力し、それぞれが得意な役割を担当して姉弟で一つの写真記事を仕上げることが多かったのですが、昨年の夏に都内で開催されたウェブベルマークさん主催のイベント参加時は自分一人で写真記事を作成し、大勢の来場者の前で発表してくれました。

いつも写真と文章で豊かな表現力を発揮していたあま音さんですが、彼女の持つ「声」のちからにも驚かされました。

彼女の声を聞いていると、まるでその情景が浮かんでくるようなすばらしい発表でした。

あま音さん、これまでどうもありがとう。多くの発見や出会いに恵まれた中学校生活になるよう願っています。

 

あま音さんのふるさとに対する思いや丸森町筆甫(ひっぽ)の現状がよくわかる写真記事を是非ご覧ください。

 

とてもうれしいことに、あま音さんとバトンタッチするかたちで今度はお兄さんの和馬くん(14才)がKPJの活動に参加してくれることになりました。和馬くん本人の意思で参加を決めてくれたとのこと、これで丸森支局は和馬くんと玄周くんの兄弟チームとなりました。

 

和馬くん本人が書いたごあいさつと、弟の玄周くんが撮影したポートレート写真を紹介します。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

今回から 3/11 キッズ フォト ジャーナルの活動に参加した太田和馬です。

これからは弟の玄周と一緒に活動をしていきます。

日常の写真を撮り、それについて感じた事を書いていきたいと思っています。

宜しくお願いします。

 

丸森支局 太田和馬

 

 

丸森町筆甫の「そのつ森」がこの日の支局です。

あま音さんの写真記事にも出てきた「そのつ森」は彼女たちきょうだいのご両親が中心となり、2013年に丸森町筆甫地区に発足したNPO法人。

旧筆甫中学校を使って、自分たちの手で地域の人々の集う場所を作り、高齢者の福祉を中心に活動されています。

http://sonotsumori.org/

www.facebook.com/pages/そのつ森/176486242547796?fref=ts

 

玄周くんはスケッチブックをつかって、新メンバーの和馬くんはパソコンをつかって編集作業をしています。

photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal


写真家が持参した道具を使って、自分のカメラを掃除する玄周くん。

photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal

 

自分たちが撮影した写真の中にぼやけた写真を見つけた和馬くんと玄周くんに、「写真がぶれてしまったのはどうしてだろう?」という疑問が生まれました。

写真家の塩田から、脇をしっかりしめてカメラを構え撮影することを習いました。

 

続きを読む 0 コメント

2015年

8月

20日

2015年夏の活動第一弾 報告② in 石巻

photo by ©Tetsuya Tadano/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Tetsuya Tadano/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

7月28日夜、今年度の夏の活動として、宮城県石巻支局の只野哲也君と打ち合わせを行ってきました!

今年の春から高校に進学した哲也君は柔道部に入部。厳しい練習の成果か、以前よりもひとまわりもふたまわりも、体が大きくなっているようです。打ち合わせ当日も部活の練習があったそうですが、ご自宅に伺い、哲也君の写真にたいする思いや今後の活動について話し合ってきました。

photo by ©Tetsuya Tadano/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Tetsuya Tadano/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

哲也君は以前から、『空』をテーマに撮影しています。この活動をはじめた時から、一番撮りたいものが変わってはいません。今回も日々の生活のなかで撮影した故郷・石巻の写真を送ってくれました。

哲也君は写真のみならずキャプションについても彼なりの持論を持っています。鑑賞者に写真を見たままに感じてほしい彼としては、「キャプションをつけ過ぎると、見る人の自由を奪ってしまうのでは・・・」と感じていると言います。この哲也君の疑問は、写真を撮っていく上で、非常に大切な部分を含んでいます。キャプションには、写真に映る内容をより詳しく知らせる効果がありますが、文字をつけることによって先入観が生まれ、正面から写真と向き合うことを難しくさせる一面も隠されています。事実、キャプションをつける写真家がいる一方で、文字を排し、鑑賞者に写真と向き合うことを促す写真家も存在します。哲也君の意見は、写真としっかり向き合っているからこそ生まれてくるものであり、日々の生活を感じるままに切りとる彼の写真ともマッチする考えでした。

大人顔負けの考えを持つ哲也君とKPJ代表・後藤が話し合った結果、哲也君にはこれまで通り、彼が直感で捉えたいと思ったときにシャッターを押した写真を送ってもらい、今まで通り発表していく形をとることになりました。 また、身近な記録として、自宅の庭でおばあさんが育てている家庭菜園の野菜の成長を記録することにも興味があると言っていました。

photo by ©Tetsuya Tadano/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Tetsuya Tadano/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

高校に進学して忙しさのます中で、哲也君が日常をどのように感じ、どんな瞬間を捉えて写真をのこしていくのか。時々こうして会う中で交わす会話から、私たちはいつも大きな学びと気付きの機会をもらっています。

 

3/11 Kids Photo Journal 事務局

0 コメント

2015年

8月

07日

2015年夏の活動第一弾 報告①

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、7月最後の週に宮城県と福島県在住のキッズ記者に会いに行ってきました。

一年ぶりに会う子もいれば、今年度から活動を開始したため実際に会うのが初めての子もいました。

キッズ記者の中には、今年度の活動を継続するかどうか、まだ答えが出ていない子もいました。

実際にお互い顔を見て話をすることで、キッズ記者が考えていることがよりよく理解できたと感じることもありました。

ここでは順番に今回の夏の活動第一弾の報告をしていきます。

 

7月28日、宮城県閖上支局の玉田礼菜さん(14才)・真菜さん(11才)姉妹に会いに行きました。

この時点で、二人からは今年度の活動継続の意思の確認がとれていませんでした。

話をする前に、まずはいつものように二人が撮りためたたくさんの写真を見せてもらいます。

 

姉の礼菜さんは桜の季節に近所でお花見をする人々の写真を撮っていました。

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

礼菜さんはこの春中学3年生になりました。高校受験を控え、KPJのキッズ記者としての活動を今年度継続するかどうか迷っていましたが、実際に会って今年度は勉強に集中するため活動の休止を決めたという報告を受けました。


普段から写真を撮ることが大好きな礼菜さんは、将来写真家になる夢を持っています。

最近親戚から一眼レフカメラを譲り受けたそうで、それ以来主にこのカメラを使って写真を撮っています。

 

新しいカメラで撮影した妹の真菜さんの写真もありました。

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal


妹の真菜さんもふるさとの写真を撮影していました。かつて姉妹の家があった閖上の写真です。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

日和山から撮影したふるさとの写真です。

礼菜さん同様、真菜さんも今年度は活動を休止することを決めました。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

3/11 キッズ フォト ジャーナル発足当初から活動を継続してきた玉田さん姉妹、自分たちで考えて今年度の活動休止を決めました。活動の継続、休止、退会を決断するのは、それぞれとても勇気がいることだと思います。

一旦活動休止を決めた礼菜さんと真菜さん、これまでどうもありがとう。

二人には、今自分たちにとって大切だと思うことにエネルギーを注いでほしいと願っています!


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

0 コメント

2015年

6月

03日

福島支局からのフォトレポート!Vol.2

福島支局の丹治基規君(14才)からも春のレポートが届きました。

家族団らんの食卓の様子を伝えてくれています。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は母の日に父が市場で買ってきたかつおをたたきにするために焼く準備をしているところです。かつおは生でも美味しいですが、少しあぶり薬味といっしょに食べるととてもおいしくなります。

 

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

かつおのたたきを作るためにあぶっているところです。 焼いていくとすごくいいにおいがしてきて、とてもおいしそうでした。 先に皮の方をあぶり、後から少しだけ身をあぶります。

 

 

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

夕食の盛りつけが終わった時の写真です。 奥から2番目の皿がかつおのたたきです。

真ん中の皿はかつおの刺身です。このかつおはすごく脂がのっていておいしかったです。

僕たちの家族は毎週土日は祖父母も含め6人で食べています。

この日もみんなで楽しく食べました。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

みんながほぼ食べ終わった時の写真です。

刺身はとてもおいしく完食でした。

いつもはなかなか刺身を食べることがないのでこの日は満腹になっても少し残っていたので驚きでした。

 

福島支局 丹治基規(14)

 

 

0 コメント

2015年

5月

31日

ごあいさつ KPJ事務局 山田晃子

KPJキッズ記者の皆様、保護者の皆様、KPJをサポートしてくださる皆様


お知らせが大変遅くなってしまい申し訳ありません。

2013年より事務局スタッフとして関わってまいりました山田晃子と申します。

この度、日本を離れアンコールワットのあるカンボジア・シェムリアップに移住をし、
現地手配旅行会社にて働くことにいたしました。
2001年にアンコールワット遺跡郡を訪れてから15年間、国内に散らばる遺跡や
カンボジア特有の文化、人々に魅了され通い続け、いつか住んでカンボジアの良さを
日本の皆さんに伝えてゆきたいと思っておりましたところ、たまたまシェムリアップの
旅行会社にてお仕事をさせていただけるチャンスをいただいたので、思い切って
挑戦することにいたしました。

日本を離れるということは、KPJの事務局スタッフとしての
直接的なお手伝いができなくなるということ。
沢山迷いましたが、KPJキッズ記者のゆるぎない眼差し、
伝え続けようという熱い気持ちが実は私の長年の迷いを後押ししてくれました。

皆さんと出会えなければ、今回の選択はなかったかもしれません。

これからもキッズ記者の皆さんが活動を続ける限り
遠くカンボジア・シェムリアップからではありますが、ささやかながら
私ができ得る限りのお手伝いを続けさせていただきたいと思っております。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

山田晃子

 

カンボジア・シェムリアップの風景

Photo by @Akiko Yamada/311 Kids' Photo Journal

 

0 コメント

2015年

5月

24日

福島支局からのフォトレポート!

福島支局の丹治那月君(11才)から春のフォトレポートが届きました。

お家の周りでの出来事と新しく加わったかわいい家族についてをレポートしてくれています。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、ぼくの家の前でじょせんをやっている写真です。

ぼくが学校から帰ってきたときに、初めて近くで除染している所を見ました。

音がすごくうるさくていやでした。

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、ぼくがすごく気に入っている写真です。名前は『ハル』です。3月30日から新しい家族になりました。 今は、産まれてから3ヶ月でまだ赤ちゃんなので、とてもかわいいです。  ハルと、ときどきいっしょに山に行ったりしています。ハルはとても山がにあってかっこいいです。

 

福島支局 丹治那月(11)

 

0 コメント

2015年

5月

16日

閖上支局からのフォトレポート! Vol.2

閖上支局、春のレポート第2弾は、妹の玉田真菜さんからです。

今年3月8日、震災から4年が経とうとする中で多くの人々が集まる慰霊碑と朝市を取材してきてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

今日は、閖上にいった。夕方から、とうろうのてんとうをするじゅんびをしていた。

すごくたくさんのとうろうがとても、きれいだった。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

今日はいれいひの前には、たくさんの花がそなえられていた。たくさんの人がおとずれたことがわかった。

私も、花をあげて手をあわせてきました。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

朝市の場所もいってみた。たくさんの人がすみで魚をやいていた。こんど、私もいったら、すみで、魚をやきたいと思った。今月はこんでいて、できなくて、ざんねんだった。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

とうろうはひよりやまから閖上しょうがっこうのこうていまで、つながっていた。私は、車をおりて、とうろうの道をあるきながら、写真をとった、たくさんのひとにしごじろみられて、はずかしかった。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

KPJ閖上支局 玉田真菜 (10)

 

続きを読む 0 コメント

2015年

5月

09日

閖上支局からのフォトレポート! Vol.1

 

先日、朝日新聞でも取り上げていただいた、宮城県閖上支局の玉田姉妹から、フォトレポートが届きました。

震災から4年を前にしてこの3月に、2人それぞれが思いを馳せた場所で写真を撮ってきてくれました。

 

まず、第1弾として、お姉ちゃんの玉田礼菜さんのレポートをご覧下さい!

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

3月9日、あいにくの雨のなか、写真を撮りに行きました。

これは工事の立ち入り禁止の看板の前まで行って撮った写真です。

雨の中で、津波で壊れたぼうはていを直している作業員の人達の写真を撮って思ったことは、私達にはできないことを、この作業員さんたちはいつも閖上のためにしてくれているということです。

今日もごくろうさまです。そして、ありがとうございます。閖上のために。

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

大好きだったおじさん、おばさんの家に行って撮ってきた写真です。

この写真を選んだ理由は、画面ぎりぎりに供えた花とか線香とかが写っていてよかったからです。

津波がきて、いっしゅんにして思い出がある物や大好きだった人が亡くなったことを思うと、悲しくなり、涙が出てきます。

大好きなおじさん、おばさん 今日も見守っててね。

 

KPJ閖上支局 玉田礼菜 (14)

 

0 コメント

2015年

3月

28日

「わたしたちの震災フォーラム」に参加し、KPJ代表で気仙沼支局 佐藤翔太君が発表しました!

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、3月22日に東京都港区の愛育病院で開催された「わたしたちの震災フォーラム」に参加しました。被災した地域の子どもたちの心と身体のリフレッシュを目的とした「ニコニコキャンプ」を継続的に開催している「子どもの心と身体の成長支援ネットワーク」が、これまでさまざまな団体が育んできた支援の輪が人々の記憶の風化とともに小さくなってしまわぬよう、これからの支援についてみんなで語り合う場として、このフォーラムを開催しました。


子どもの心と身体の成長支援ネットワーク: www.facebook.com/childrenheartandbody

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal

「こどもたちが関わる未来につながる支援」というテーマの分科会では、「トチギ環境未来基地」、「日本こどもの安全教育総合研究所」とともに、3/11 キッズ フォト ジャーナルも活動について発表することが決まっていましたが、急遽宮城県気仙沼支局の佐藤翔太君が参加してくれることになり、翔太君本人がKPJを代表してみなさんの前で話をしました。


本番直前の翔太君。過去に自分が撮影した写真を見ながらじっくり考えているように見えました。

photo by ©Yui Sato/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Yui Sato/311 Kids' Photo Journal

この春高校を卒業し新しい世界へ飛び出したばかりの翔太君、当時は中学生だったKPJ始動当初からこれまでずっと気仙沼の様子を撮影し、ふるさとの現状を発信し続けてきました。「仕事も始まり、気仙沼を離れたので復興の様子を伝えることが出来なくなりましたが、今の自分が出来る最後の活動と思い参加しました。」と今回の参加理由を話しています。

過去に翔太君自身が撮影した数枚の写真をスクリーンに映し出しながら、活動に参加しようと思った理由や活動を通して自分が考えることをみなさんに話しました。

写真提供 ©子どもの心と身体の成長支援ネットワーク
写真提供 ©子どもの心と身体の成長支援ネットワーク

「メディアで伝えられる情報は、実際に起きていることと違うことがある。さまざまな大人の事情で情報をそのまま伝えられないこともあるだろう。だからこそ、子どもである自分が実際に写真を撮って事実を発信したいと思った。」とKPJ活動に参加した理由を語った翔太君。

写真提供 ©子どもの心と身体の成長支援ネットワーク
写真提供 ©子どもの心と身体の成長支援ネットワーク

 

会場で翔太君がみなさんに見せた5枚の写真のうちの一枚、巨大津波で陸地に運ばれた第18共徳丸(2013年2月3日 本人撮影)。

photo by ©Shota Sato/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/311 Kids' Photo Journal
続きを読む 0 コメント

2015年

3月

14日

それぞれの場所で ―  東日本大震災から4年

名取閖上支局の玉田姉妹、キッズフォトージャーナルの活動には初年度から参加しているベテラン記者たちです。

彼女らの活動の様子が取材されて朝日新聞デジタルでも見れる様になっています。

http://www.asahi.com/articles/ASH387RSLH38UQIP04D.html

二人の素晴らしい写真と想いを記事にまとめてくださった朝日新聞社の川村直子記者にも心から感謝したいと思います。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局 

 


 

photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
photo by © Naoko Kawamura/Miyagi/The Asahi Shimbun
0 コメント

2015年

2月

04日

震災から4年を迎える2015年3月11日を目指し、ポストカードブックを制作しています。

3/11 キッズ フォト ジャーナルは震災から4年を迎える2015年3月11日を目指し、ポストカードブックを制作しています。

ポストカードとして1枚ずつ切り離せる写真集で、子ども達の想いを投函して広めていただければと願い、企画しました。

先日の会議では表紙が決まりました。宮古市の赤前支局の佐可野瞬大君が書いてくれたイラストをもとにデザイナーが仕上げてくれました。

 


収録する写真は、子ども達が過去に撮ったものからお気に入りを選んだり、新作を撮り下ろしたりしました。

佐可野君は新作に臨み、思い入れのある野球場を取材してくれました。

先取りして1枚を紹介します。


photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal


春になって草花も目を覚まし始めました。

普通の見方をすると雑草の生えた球場だけれど僕は彩りを加えてくれた草花に感謝しています。

被災した人と同じように復興を目指し、上へ上へと伸びていってくれているからです。

津波をかぶった所から草花が生えることは僕たちと同じ様に毎日頑張って「生きている」という事だと思います。

  

 

制作は今から佳境に入ります。

3月には詳細をお知らせできると思います。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局


1 コメント

2015年

1月

26日

釜石支局からふるさとの様子が届きました

釜石支局の岡道君が津波被害に遭った自宅の近辺を取材してくれました。

震災からもうすぐ4年、少しずつ復興が近づいているのを実感しているようです。

一方で子供が減るなどの現状もレポートしてくれています。

今春から大学生になる岡道君は「地域の活性化」を願っています。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

箱崎町の以前の自宅の前。

いつのまにか公園のようなものができていました。

しかし、今の箱崎には震災前に比べかなり子供が減ってしまいました。

この公園がたくさんの子供で賑わうような町を作っていかなければならないと感じました。

photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

箱崎のバス停跡。

最近まではバスが通っていたのですが、廃止となってしまいました。

利用者は少ないとはいえ、車のない高齢者の方は困ると思いますし、交通手段の不便さから更に人が集まりにくくなるのではないかと心配です。

photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

依然通っていた釜石東中学校の校門のあったところの写真。

瓦礫やゴミは処分され高く土が盛られています。

ここにスポーツ施設の建設を予定しているそうです。

地域の交流の場が仮設住宅用地となってしまったので、この施設で以前のような地域の活性化につながればいいと思います。

 

釜石支局 岡道一平(18)

0 コメント

2015年

1月

17日

福島支局から冬の便りが届きました!

福島支局の丹治那月君もお兄ちゃんの基規君と同じく柿を採ったエピソードを紹介してくれました。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真はみんなでやっている風と木の店の前にあるかきの木をとってならべた写真と箱に詰めたときの写真です。

この時は、お父さんが屋根の上に登って上からかきを落とし、下でぼくたちがグローブで受け取る作業をしていました。

とてもおいしそうでしたし、とても楽しかったです。

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

福島支局 丹治那月(11)

0 コメント

2015年

1月

14日

福島支局から冬の便りが届きました!

福島支局の丹治基規君が福島市での家族との暮らしをリポートしてくれました。

基規君は2014年春、お母さんや弟の那月君と避難していた愛知県から約3年ぶりに福島市に戻ってきました。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は僕達家族が経営してるカフェ『風と木』にある柿を採っている様子です。

僕達は野球をやっているので柿をグローブでキャッチしています。

家族みんなで採るのでとても楽しいです。

愛知県にいた頃は出来なかったのですが今年はみんなで収穫することができました。

また来年も柿を収穫したいです。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

12月6日に近くの集会所で生ハム作りのワークショップに参加してきました。

おもに肉に塩を塗り込む作業をしました。

普段生ハムを作ることがないのでいい経験になりました。

1年間熟成させるので来年楽しみです。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

12月7日に僕の14歳の誕生日がありました。

写真は祖父母の家で短角牛の串物を焼いているところです。

短角牛は高いのですが誕生日だからといって祖父母が買ってきてくれました。

普通の牛肉と違ってとても柔らかく美味しかったです。

とても楽しい誕生日でした。


福島支局 丹治基規(14)

0 コメント

2014年

11月

19日

発展をし続ける赤前

赤前支局:佐可野瞬大君からこの夏の間に写真を撮り、記事を書きためておいてくれたアサイメントが届きました。

瞬大君のアサイメントにはいつも復興へ向けて働き続けてくださる方々への感謝の気持ちがこめられています。

「復興」という言葉に含まれる前向きさからその影に隠された不安や痛みまでをも見つめて続けている瞬大君が

一番大切にしていることなのかもしれません。

それは目の前の事に左右されない瞬大君のもつ芯の強さがあらわれている、そんな気がします。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

2ヶ月ぶりに公営住宅建設地へ行きました。すると形が前より変わっていて何より、家がふえていてびっくりしました。赤前は被災したけど、これまでみんなではげまし合って生活してきました。なので、これからもこの団地(住宅)をはじめ、赤前地区にこの先どんなことがあっても団結し、のりこえていけるような地区にしていきたいと思います。


photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

進化したのは住宅だけではありません。なんと避難道路もです。朝早くからの仕事をし、毎日、大変な仕事をして下さった建設会社の方々、本当にありがとうございました。 避難道路は来月、完成し、この上に家も建築されるそうです。 道路や住宅をはじめ、この先、赤前地区に様々な発展があることを願っています。


photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

しかし、公営住宅が、できたとはいえ、完成するのはまだ先。 まだ、仮設住宅に住んでいるひとは、少なくありません。 公営住宅の入居が決まっていても、完成を待っている人、まだ、引っ越し先が、決まってない人など、 表では、復興、復興と言われている被災地でも、影に隠れた不安や、痛みは、3年経った今でも消えることは、ありません。


photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal


赤前支局 佐可野瞬大 (13才)

続きを読む 0 コメント

2014年

10月

16日

震災から3年以上経った海

赤前支局の大久保直翔君(13才)からも夏のアサイメントが届きました。
直翔君がいつも見つめ続けている赤前の大須賀海岸の風景。
彼のいろんな思いがこもった言葉を添えてのフォトジャーナルです

 

3/11キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Naoto Okubo/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Naoto Okubo/Iwate/311 Kids' Photo Journal

ここは、赤前のオオスカ海岸にある海水浴場で、震災前は夏になると、いつもみんなと泳いでいたけど、
最近でも周りに少し瓦礫が残っている。

泳いでる人は、被災前よりも、極端に少ない。

海水浴場に人が集まって、もっとにぎやかになってほしいと思う。

 

赤前支局 大久保直翔(13才)

2014年

10月

08日

復興マルシェの移転

福島支局に続いて、宮城の気仙沼支局:佐藤翔太君(17才)からも夏のアサイメントが届きました。
翔太君の住む鹿折地区の新たな動き、それを一緒に見つめ続ける気持ちを綴ってくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

鹿折復興マルシェが8月11日に震災復興工事のために移転することになりました。復興マルシェは鹿折地区でお店などが被災した人たちが復興するため平成24年5月11日からオープンし、地域の人達と一緒に復興を進めて来ました。しかし、土地のかさ上げ工事のためマルシェは解体され、500メートルほど移動することになり、今までお世話になった鹿折地区の人たちに感謝を込めてお祭りを開きました。

photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

当日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、450人の人が復興マルシェに来ていました。

各お店やボランティアで屋台が出され、焼き鳥やフライドポテトなどの食べ物からスーパーボールすくいなどのお店が10店舗ほど出ていました。お祭りに来た人達は食べ物を買って楽しんでいたりしていました。

 

 

photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

マルシェで営業している人は大きな選択を決めることになります。このまま新しい仮設店舗に移るか、自分で建物を用意してお店を開くか。取材を受けているのは僕が幼い時からお世話になってた「うめねす」のおじさんです。「うめねす」は今後どうするのか聞いたら、どこか店を借りて営業するつもりだが、まだどうなるかわからないと言っていました。

 

photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

鹿折に花火が上がりました。マルシェから数百メートル離れた場所から打ち上げました。

 

気が付いたら今年で3年目の夏。僕も高校生最後の夏休みになりました。
3年間いろいろあったなぁと思いながら花火を見ていました。

 

佐藤翔太 気仙沼支局 (17才)

 

2014年

10月

06日

フランス旅行の思い出

福島支局 丹治兄弟の弟の那月君(11才)からも夏のアサイメントが届きました。

前回のお兄ちゃんの基規君の「フランスの旅日記」に引き続き、

那月君の体験したフランスでの出来事を綴ってくれました。

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

 

ぼくは、夏休みが始まってすぐくらいにフランスへ行き、学校が始まる前日に帰ってきました。

なぜ行ったかと言うと、去年も行ったし、自分も行きたかったからです。

しかも、フランスには知り合いもいてさそってくれたからです。

フランスの人たちの中に知り合いの友達がいてプールで原発のことを一緒に話したりもしました。

その人は原発のデモなどにも参加しているそうです。

ぼくはフランスの人たちでも原発の事や福島のことが分かっているんだと感じました。

ぼくは朝、起きるのが苦手ですがお世話になったフランス人家族は朝起きるのがとても早くてすごいと思いました。

なので早起きなどフランス人の生活が体験できました。

ぼくはフランスの人たちと、おもにフランス語で話しましたが、ときどき英語で話す時もありました。

ぼくはホームステイだったのでいっぱい家の人としゃべりました。

食事の時はいつもにぎやかでわいわいして食べたりしたのでとても楽しかったです。

次回行くとしたらぼくは、フランスの山に登りたいです。

 

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

これは、成田空港でとった写真です。

これから飛行機に乗るというときにとりました。

じっさいにぼくは、この飛行機に乗りました。

パリまで着くのにとても時間がかかったのでこの飛行機の中でえい画など見ました。

そしてねてパリへ向かいました。一人だったのでとても不安でした。

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真はパリに着いて次の日にパリの町を歩いていたときにとった写真です。

手前の川はパリのセーヌ川です。

この時はパリプラージュというセーヌ川ぞいで行われたまつりです。

海の砂を運んできてそのスペースに置き遊べるまつりです。

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

これは、一けん目のホームステイ先の家族と一緒に行った水族館です。

その日はその家のステファニーという人の誕生日でおいわいとして行きました。

そこでは、イルカやシャチのショーを見たり、実さいにイルカをさわったりしました。

とても楽しい一日でした。

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真はステイ先の人から『和食を教えてね』と言われていて、みんなでかんがえて

一番かんたんないなりずしをつくりました。ぼくがさいきん出来るようになったばかりなので

とてもきんちょうして作っていたらちょとだけしっぱいしてしまいました。

ステイ先の人はとてもよろこんでくれたのでうれしかったです。

 

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
続きを読む

2014年

9月

26日

フランス旅日記

福島支局 丹治兄弟のお兄ちゃんの基規君(13才)から夏のアサイメントが届きました。
先月、フランスから届けてくれた「フランスの旅」の続きです。
基規君がこのひと夏を異国の地で過ごし、見えたもの、考えたことをフォトストーリーにして

伝えてくれています。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕は8月3日から24日の間、フランスに行きました。

フランスに住んでいる両親の共通の友人が『夏休みをフランスで過ごさないか?』と誘ってくださったからです。

今年はホームステイと 『GANBALO SUMMER CALAVAN 2014』というプロジェクトに参加しました。

このプロジェクトは震災で被災したこどもをフランスに呼んで現地の人たちとの交流や体験、フランスの地理や歴史、

文化や言葉を学びながら旅をするものです。ホンダ・フランスが車を貸してくれる事になり、その車でフランスの各地を

回りました。この写真はフランスに着いて二日目にパリの広場から撮った写真です。

思ったより大きくて、フランスと言ったらやっぱりこれだなと思いました。

今年はエッフェル塔に登らなかったですが来年は登りたいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが最後に住んでいたお城クロ・リュセ城です。

中には彼の発明品や創作品、絵などが飾られています。見ていて飽きることなく楽しく楽しく観れました。

ダ・ヴィンチは都市設計にも関わっている事を知り、驚きました。

僕も将来は設計などの仕事に携わりたいと思っているので良い経験になりました。

 

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真はヨーロッパ最大級の砂丘、ピラ砂丘です。

大きいので登ると結構きついです。

周りは森と海に囲まれていて、とても景色がいいです。

来年も機会があれば行きたいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

ホームステイでお世話になった家族とロッククライミングをした時の写真です。

僕は生まれて初めてロッククライミングをしたのですが、家族のみんなは上手に登っていました。

初めてだったので最初は不安だったけれどやってみると意外に簡単でした。

  

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

これはフランスの図書館の写真です。

僕は本が好きでフランスの図書館にも興味がありました。

図書館には日本の まんが も多く置いてありました。

フランスのこどもの多くが日本の まんが が大好きなようです。

まんがってやっぱりすごいなと思いました。

 

丹治基規 福島支局 (13才)

 

2014年

9月

17日

KPJ写真展開催@大阪のお知らせ

間もなく大阪でキッズフォトジャーナルの写真展が開催されます。

大阪方面の方々、是非この機会をお見逃しなく!

 

会期:9/20 - 28(午前9時〜午後5時まで、23火祝日を除く)

会場:地域交流館 1階

共催:(社福)阪南市社会福祉協議会

 

※9/28には子どもの声を聴く相談員養成講座2014公開講座の第一回目にキッズフォトジャーナル代表の後藤由美がお話しに出かけます。

日時:9月28日(日)午後1時半〜3時半

場所:地域交流館 体育施設

 

◆お申込・問合せ/ NPO 法人子どもNPOはらっぱ

〒599-0202 大阪府阪南市下出477-5

TEL/FAX 072-471-2276 メール harappa@taupe.plala.or.jp

◆後援/ 阪南市 阪南市教育委員会 岬町 岬町教育委員会 岸和田市教育委員会 泉佐野市教育委員会

泉南市教育委員会 熊取町教育委員会 田尻町教育委員会

 

2014年

9月

15日

雑誌【オレンジページ】さんにKPJの活動を紹介していただきました!

オレンジページ2014年9月17日発行・発売号に

3/11キッズフォトジャーナルの活動を紹介していただきました!

74〜75ページに掲載されています。ぜひご覧ください

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©311 Kids Photo Journal
photo by ©311 Kids Photo Journal
photo by ©311 Kids Photo Journal
photo by ©311 Kids Photo Journal

2014年

9月

01日

復興に近づく被災地

とうとう夏休みも終わり、9月が始まりましたね。
キッズ記者たちも、それぞれ夏休みを終え、また忙しい学校生活が始まったようです。
今回は岩手の釜石支局、岡道一平君(17才)が夏の間に被災したふるさとへ足を運び、

変わりゆく街並みを撮り、彼の復興への思いをあらためて言葉にして届けてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

8月24日の大町、大渡の町の様子。ここも東日本大震災で大きな被害を受けた地域だ。

 

photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

震災前は商店街があり多くの建物があったのだが、地震後の津波によりほとんどの建物が壊れたり、

流されたりしてしまい、瓦礫が撤去された後も以前とは全く違った光景が広がっていた。

 

 

photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

しかし、最近では多く建物がたち始め、震災前同様とは言えないまでも復興が進んできたと感じられる。 

 

photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

 

復興に時間がかかるということは事実だが、少しずつ復興に近づいている。

日常でこのように復興を感じられるようになってきたのがその証拠だと思う。

地域によって進度は違ってはいるが、きっといつか全ての被災地域が復興できるはずだ。

とはいえまだまだ長い年月がかかる。復興は私たちの世代も考えなければならない問題といえる。

これから社会に出ることになるのでこれまで以上に被災地や復興について考えていかなければならないと思う。

 

岡道一平 釜石支局(17才)

 

 

 

2014年

8月

25日

フランスの旅

福島支局の丹治基規君より、夏のお便りが届きました。
それもフランスから!

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕は今年の夏、震災の保養プログラムでフランスに来ています。

こないだフランスのシュノソー城という城に行きました。

この城は16世紀に建てられた城です。

この城が橋といっしょに川の上に建てられているので驚きました。

 

丹治基規 福島支局 (13才)

 

2014年

8月

23日

飯館村支局から夏の便りが届きました!

飯館村支局長の菅野大輝くんがなかなか放射線の除染がすすまない

ふるさと飯館村の現状を伝えてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

 

 

 

photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal

川俣町山木屋地区を撮りました。

山木屋地区は、福島県が主体となって除染を進めています。山木屋地区は山、農地から除染を進めています。

しかし、僕が住んでいた飯舘村は、国が主体となって宅地の周りから除染を進めています。まだ除染の結果が出ていませんが、飯舘村の住民からは、「山、農地を先に除染した方がいいのではないか」と言う声が上がりました。

飯舘村は山水、地下水を使っている家がたくさんあります。また放射能は高いところから、低いところに流れると聞いています。なので、宅地の周りの除染は、もちろん大切ですが、山、農地を先に除染した方がよいのではないかと思います。

photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal

川俣町山木屋地区の写真です。

農地の除染が終わった家は、宅地の周りの除染が始まっていました。

そのなかでも、屋根の除染は困難です。屋根が瓦の場合1枚1枚手で拭いて除染をします。このような除染しかできません。本当に放射能が取れるのか 、除染しても効果が無いのではないかと心配です。

photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal

飯舘村の除染の場所で青いテープが貼ってあるところがあったので気になり撮りました。じいちゃんに聞いてみると、「除染してもらいたくないとろには、テープ貼るんだ」と言ってました。震災前は手入れをしていた思いでのある庭を、除染で壊したくないんだと思いました。

photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal

震災から4年目の夏を迎えました。

全く除染が進みません。飯舘村は平成28年に帰村宣言をする予定です。

平成28年まで除染が完了するかわかりません。今まで計画通りに進まないことが、多々ありました。

計画通りに除染が進むことを願いたいです。

photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Hiroki Kanno/Iitate-mura/311 Kids' Photo Journal

飯舘村の写真です。

2時間ほど前は、霧がかかっていませんでしたが、

やませで、午後の2時頃気温が、18度までさがりました。

肌寒い空気でした。福島市では夏経験できないような天候でした。

こういった天候もこれから、除染作業に影響してくるかもしれません。

 

 

 

 

続きを読む

2014年

8月

12日

7/31 ウェブベルマークイベント発表 赤前支局:佐可野瞬大君

7/31に開催されたウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベント

「ウェブベルマークフォーラム2014」に岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して

震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため現地報告をさせていただきました。

各県代表のKPJキッズ記者の発表内容をみなさまにお届けしてまいります。

 

岩手県からは赤前支局の佐可野瞬大くん(13才)が発表をしてくれました。

 

 

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

 

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal

赤前支局の佐河野瞬大です。

姉がこの活動をしていて、見ているうちに、おもしろそうなだと思ってこの活動を始めました。震災当時は小学校4年生で、震災の事をあまりくわしく知らなかったけど、この活動をやっていると興味が出てきて、地域の役に立ちたい!と強く思うようにもなりました。

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

今は、地域の公営住宅や、僕の家の近くにある堤防の変化や、避難道路の完成までの変化などの写真をとっています。

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

2か月くらい前まで土だけだった野球場も、雑草がおいしげるようになっていました。

再建築が決まってから、工事の音も少しずつ聞こえるようになったし、トラックもたくさ

ん通るようになったので、「いよいよだな!」と感じるようになりました。早く再建築さ

れて、プロの野球をそこで見てみたいし、自分も、赤前の球場でプレーしてみたい!と強

く感じています。

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

赤前では、新しく避難道路がつくられています。しんさい当時、避難所となった赤前小

学校へつながる道になっているそうなので、従来よりもいち早く避難できるようになっ

て、お年よりや子どもにも便利だと思います。いつ完成するかはわかりませんが、完成したら通ってみたいと思います。

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

また、2ヶ月でこんなに変化していてびっくりしました。早く作業が進んでいるのも、

建築現場の方々が手際よく作業してくださっているからなのですごく感謝しています。

続きを読む

2014年

8月

10日

7/31 ウェブベルマークイベント発表 福島支局:丹治基規君

7/31に開催されたウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベント

「ウェブベルマークフォーラム2014」に岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して

震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため現地報告をさせていただきました。

各県代表のKPJキッズ記者の発表内容をみなさまにお届けしてまいります。

 

福島県からは福島支局より丹治基規くん(13才)が発表をしてくれました。

普段は弟の那月くん(10才)とともに活動に参加してくれています。

 

 

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

 

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal

福島支局の丹治基規です。弟と2人でキッズフォトジャーナルの活動を行っています。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕は、震災後すぐに、友だちに連絡できないまま愛知県にひなんしました。

僕は福島でも野球をやっていたので、ひなんしてすぐに、愛知県の野球チームに見学に行きました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

2011年の4月から、愛西市の北河田小学校に転入しました。転入して最初に声をかけてくれたのは、見学した野球チームに所属している永戸君でした。僕は、野球チームではショートを守っていました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕たちの家族はひなんするときに父だけが福島に残りました。父とはほぼ毎日、スマー

トフォンのビデオ通話で連絡をとっていました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

離れて暮らしていましたが、父が時どき愛知県に会いにきてくれました。その時は、家

族でキャッチーボールをしていました。父と母から放射能について話を聞いていたので、

福島にはあまり戻りたくありませんでした。

続きを読む

2014年

8月

08日

7/31 ウェブベルマークイベント発表 筆甫支局:太田玄周君

photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal

7/31に開催されたウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベント

「ウェブベルマークフォーラム2014」に岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して

震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため現地報告をさせていただきました。

各県代表のKPJキッズ記者の発表内容をみなさまにお届けしてまいります。

 

宮城県からは筆甫支局より姉弟で発表をしてくれた

太田あま音さん(11才)と太田玄周くん(9才)の2人。

普段は文章をお姉ちゃんのあま音さん、写真を弟の玄周くんで担当してくれていますが、

ウェブベルマークさんの発表ではそれぞれが自分で文章を書いて、写真を撮ってきてくれました。

今回は弟の玄周くんの発表をお伝えします。

 

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

 

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは、筆甫で3番目に高い山、夫婦岩です。なぜ夫婦岩とよばれるかというと、三角

形になっていて半分われているように見えるからです。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

山登りのコースとして親しまれています。とざんぐちからちょうじょうまで休みながらで

も1時間弱でのぼれます。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

ちょうじょうにはテーブルストーンがあり、てん望おおいわから筆甫のしゅうらくが見

わたせます。鳥や動物や虫がいます。フクロウの声も聞こえました。リスが走っていった

ところを見たり、イノシシがドロあびをしたくぼみも見られます。カブトムシやクワガタ

もたくさんいます。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

明るいぞうき林をすぎて暗い杉林をいくと少し寒くなります。そのあと長いかいだんを

登ると尾根に出ます。日あたりはいいですが風がとても強くなります。1mきゅうしゃめ

んにおりてみると風が無くなりあったかいです。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
続きを読む

2014年

8月

06日

7/31 ウェブベルマークイベント発表 筆甫支局:太田あま音さん

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal

7/31に開催されたウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベント

「ウェブベルマークフォーラム2014」に岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して

震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため現地報告をさせていただきました。
各県代表のKPJキッズ記者の発表内容をみなさまにお届けしてまいります。

宮城県からは筆甫支局より姉弟で発表をしてくれた

太田あま音さん(11才)と太田玄周くん(9才)の2人。
普段は文章をお姉ちゃんのあま音さん、写真を弟の玄周くんで担当してくれていますが、

ウェブベルマークさんの発表ではそれぞれが自分で文章を書いて、写真を撮ってきてくれました。

今回はお姉ちゃんのあま音ちゃんの発表をお伝えします。

 

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

 

photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

私の住む宮城県の筆甫は、小さな地区ですが、緑がいっぱいで色々な動物や鳥がいる所

です。私の通う小学校は、全校13人の学校です。少ない人数ですが、良いこともたくさん

あります。13人なので毎日、全員とお話できます。遊ぶときは、みんないっしょで、たま

に給食もいっしょに食べます。みんな仲良しです。私は、この筆甫も筆甫小学校も大好き

です。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

東日本大震災があったのは、私が2年生の時です。急にガタガタ、教室がゆれたので、

すごくびっくりしました。地震もゆれは強かったですが、その後降ってきた放射能もとて

も心配しました。筆甫は福島県よりの場所にあります。だから、けっこう危険だと思いま

す。私は、しばらく外で遊べなくなりました。毎日、マスクをして、外で遊ぶのをがまん

するのは大変でした。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

東日本大震災の後、ひなんして来た人もいました。福島の南相馬の人達です。子ども

も、7人ひなんして来たので人数が少なかった筆甫小学校がすこし、にぎやかになりました。ひなんして来た人が使っていた場所は、旧筆甫中学校です。

photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

筆甫中学校は、子どもが少なくなり、平成19年から廃校になった学校です。これが校舎の写真です。校庭は、使っていなかったので草が結構生えています。ふつうの大きさですが教室は3つしかありません。しばらくの間だれも使っていなかった中学校が、また、にぎやかになりました。たくさんの人が寝泊まりしました。5か月の間、中学校は大活やくをしました。

photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
続きを読む

2014年

8月

04日

キッズ記者IN 東京 ウェブベルマークイベントに参加

 

福島、宮城、岩手各県のキッズ記者代表が7月31日、東京で開かれた東北の被災校支援活動

「ウェブベルマーク」のイベントに参加し、この日のためや過去に取材した写真を見せながら、発表しました。

 

 

「赤前の復興を確かめに来てください」(岩手県宮古市・佐可野瞬大君)

「これからの筆甫は人が集まってにぎやかになってほしい」(宮城県丸森町・太田あま音さん)

「僕の好きな夫婦岩(筆甫の山)は震災後も変わりません」(同・太田玄周君)

「4月からまた家族一緒に(福島で)暮らし始めた。3年の空白を埋めたい」(福島県福島市・丹治基規君)

 

本番前は緊張していた子どもたちも舞台の上では、自分の言葉ではきはきと被災地の現状や今後の願いを語りました。詳報は今後、各県ごとにブログに掲載していきます。子どもたちの「今の声」を是非、聞いて(読んで)いただければと思います。

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal

 

 

 

また、発表会場や懇親会場では写真展も開いていただき、大勢の人に見ていただきました。見た方々は「写真に写っているお父さんが作る味噌はどうやったら買えるの?」など積極的にキッズ記者たちに話しかけてくださいました。

photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal

 

 

 

ウェブベルマークはネットでの買い物を通じて、被災した学校に支援金が届く仕組みで、
2013年に始まりました。
https://www.webbellmark.jp/webbellmark

 

震災後2年が過ぎ、継続して支援ができる仕組みを作ろうと設立されました。
キッズ記者たちも被災地の今をレポートで届けるという形でコラボレーションしています。https://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

 

この日のイベントは協賛会社の懇談会で、被災地の現状を共有する意味も込められていました。朝日新聞社東京本社で開かれ、まずはウェブベルマーク協会がこれまでの登録者が約9千人、支援金が約27万円となったとし、今後、拡大を目指すと報告しました。その後、陸前高田市の気仙中の鈴木利典校長が「七夕や豆まきなどをみんなでやることが心を癒やすのに重要」と訴え、そうした日常品を贈るウェブベルマーク活動に期待を寄せました。同中ではバスで生徒たちが下校する時、先生たちは見送り、「明日も来いよ」と声を掛けるそうです。

 

2014年

7月

30日

3/11 キッズ フォト ジャーナル各県記者のウェブベルマーク主催イベント参加!

3/11 キッズ フォト ジャーナル各県記者のウェブベルマーク主催イベント参加!

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

この度、ウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベントが、7月31日(木)に東京で開催されることになりました。震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため、このイベントで、岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して現地報告をすることになりました!

みなさまには各県代表をご紹介したいと思います。

福島県を代表して丹治基規君(13歳) 
普段は弟の那月君(10歳)と共に活動してくれていますが、

今回はお兄ちゃんの基規君が福島から参加してくれることになりました。

 

丹治基規(たんじもとき)/ 13歳

震災当時福島の渡利小学校の4年生でした。

震災3日後に愛知県にひなんし、佐織中学校に通っていました。

今は、福島に戻って渡利中学校に通っています。

今はまっていることはお父さんからプレゼントされたギターです。

コードで曲は弾けるようになりました。とっても楽しいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、僕が通っている佐織中学校の1Dの教室の放課後です。

いつも見ている教室なのにちがう教室に思えます。

毎日ここで授業を受けたり、休み時間を友達と過ごしています。

今年から福島に戻るので、またこっちに帰ってきたいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、僕がほぼ毎日部活で使っているグランドです。

僕は野球部に所属しています。土・日曜日はここで試合をします。

福島に行っても野球を続けるかどうかはわかりませんが

ここでの野球の思い出を大事にしたいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、学校のランチルームです。

佐織中学校では全校生徒がここで給食を食べます。

僕はあまり給食は好きではありませんがセンターで作った冷たい給食を食べるよりは

幸せだと思います。

 

丹治基規 福島支局 13才

 

 

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、2014年3月11日から始まる週間「写真手帳」は絶賛発売中です。

岩手、宮城、福島の各支局のメンバーたちが撮影し綴った写真と文章とともに2015年3月11日までお使い頂けます。

詳しくはこちらから。

http://www.kidsphotojournal.org/purchase/

2014年

7月

20日

3/11 キッズ フォト ジャーナル各県記者のウェブベルマーク主催イベント参加!

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

この度、ウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベントが、7月31日(木)に東京で開催されることになりました。震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため、このイベントで、岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して現地報告をすることになりました!

 

みなさまには各県代表をご紹介したいと思います。

 

宮城県を代表して太田あま音(あまね)さん(11歳)、玄周くん(9歳)二人はお姉さんのあま音さんが記者としておもに記事を、弟の玄周くんがおもに写真を担当している、写真記者コンビです。

 

太田 あま音(おおたあまね)/ 11歳

私たちの住む筆甫は福島県と隣り合う山里です。震災直後は放射能が降り、外で遊べなくなりました。除染をしたり、時間がたって、今は外で遊べます。これからも鳥の鳴き声や気持ちよい風が毎日流れてくる大好きなひっぽで元気に過ごしたいです。
あま音さんの最新の記事はこちらからご覧いただけます。
http://www.kidsphotojournal.org/2014/07/02/%E7%AD%86%E7%94%AB%E6%94%AF%E5%B1%80%E4%BE%BF%E3%82%8A-vol-1-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%94%B0%E3%82%93%E3%81%BC/

 

太田 玄周(おおたげんしゅう)/ 9歳

ぼくの住んでいる筆甫は自然がいっぱいで、動物もたくさんいます。ぼくは、バードウォッチングが好きなので、これまでいろんな種類の鳥を見てきました。そんな筆甫の自然の写真が撮りたいです。全員で16 人のぼくの学校ではみんな仲良しです。
玄周君の最新の記事はこちらよりご覧いただけます。

http://www.kidsphotojournal.org/2014/07/03/%E7%AD%86%E7%94%AB%E6%94%AF%E5%B1%80%E4%BE%BF%E3%82%8A-vol-2-%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%A8%E3%81%A5%E3%82%8F-%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E5%B2%A9-%E7%99%BB%E5%B1%B1%E9%81%93/ 

二人はウエブベルマークさんのアサイメントでも記事を寄稿していますよ。

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、2014年3月11日から始まる週間「写真手帳」は絶賛発売中です。

岩手、宮城、福島の各支局のメンバーたちが撮影し綴った写真と文章とともに2015年3月11日までお使い頂けます。

詳しくはこちらから。

http://www.kidsphotojournal.org/purchase/

2014年

7月

19日

3/11 キッズ フォト ジャーナル各県記者のウェブベルマーク主催イベント参加!

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal


                            

この度、ウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベントが、7月31日(木)に東京で開催されることになりました。震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため、このイベントで、岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して現地報告をすることになりました!

 

みなさまには各県代表をご紹介したいと思います。

 

岩手県を代表して佐可野瞬大 くん(13歳)

 

津波が校庭まできた中学校で僕は今、遊んでいる。この当たり前がすごく幸せだと震災から学んだ。宮古地区の被災・復興状況を写真として残し、自然災害のこわさ、災害によって生まれた絆を日本中、世界中の人に発信していきたいと思う。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、2014年3月11日から始まる週間「写真手帳」は絶賛発売中です。
岩手、宮城、福島の各支局のメンバーたちが撮影し綴った写真と文章とともに2015年3月11日までお使い頂けます。

詳しくはこちらから。

http://www.kidsphotojournal.org/purchase/

2014年

7月

03日

筆甫支局便り Vol.2 〜みよとづわ(夫婦岩)登山道〜

宮城県筆甫支局の太田玄周くんからセルフポートレイトとレポートが届いています!
今回は自宅裏の自然公園登山道について、写真を撮ってきてくれました!

photo by ©Gensyu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Gensyu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

 

みよとづわ(夫婦岩)登山道

photo by ©Gensyu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Gensyu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは宮城県丸森町筆甫にある県立自然公園夫婦岩登山道です。ぼくの家のうらにあります。ぼくが鳥を見に行く場所です。長いかいだんを登って、おねに出ると風が強くて寒くなります。そこからしゃ面の下に1mほど下りると風がぜんぜんありません。それにあたたかくて土がふかふかしています。さんしょの木がいっぱい生えていました。5月10日に撮影しました。

※筆甫のお年寄りは、夫婦岩のことをを「みよとづわ」と発音するそうです。

 

 

太田玄周 筆甫支局 9才

2014年

7月

02日

筆甫支局便り Vol.1 〜朝日の田んぼ〜

photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

宮城県、筆甫支局の太田あま音さんがセルフポートレイトに挑戦!
さらに、自宅の稲のレポートを送ってくれました!

 

 

朝日の田んぼ

photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Amane Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは宮城県丸森町筆甫にある私のうちの田んぼです。朝日が田んぼにあたっています。5月に苗を植えてから一か月たち、苗は大きくなってきました。うちは、すべて手で植えています。大変ですが、家族みんなでやります。収穫までは、田の草取りも手伝うのでがんばりたいです。秋、稲刈りが楽しみです。6月26日に撮影しました。

 

太田あま音 筆甫支局 11才

2014年

6月

23日

気仙沼大島の椿マラソン

気仙沼支局の佐藤翔太君より、震災から4年目を迎えたふるさとで開催された椿マラソンの様子が届きました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

4月20日に気仙沼・大島で、椿マラソンが行われました。

1700人以上の選手が参加し、20キロ、10キロ、5キロ、3キロと種目に分かれて走りました。

大島は上り下りが激しい地域で少しでも走ると息が上がってしまいます。

そのような大会で多くの人達が競い合いました。

椿マラソンで多くの人が気仙沼、大島に来ました。

復興支援で来た人もたくさんいました。

復興が進んでいない現状を知ったかもしれませんが、失われていないものもあるということが分かったことだと思います。

 

 

佐藤翔太 気仙沼支局 17

2014年

6月

12日

4年目の盛土

吉里吉里支局の小川留以ちゃんが

震災から4年目の春を迎えた吉里吉里の様子を届けてくれました。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

震災から4年目ようやく盛土をするようです。盛土をするために、家の基礎を壊しています。

photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

この場所に家があったことがなかなか思い出せませんが、町がさみしいので、早く家ができればいいなぁと思いました。

 

小川留以 吉里吉里支局  11才

2014年

6月

10日

参加してきました!! 3/11 キッズフォトジャーナル @TAKATA-FESTA in 熱海

 

6月8日(日)Takata-Festa in 熱海 2014 にキッズフォトジャーナルも参加させて頂きました。展示作品は、陸前高田支局長の石川愛美ちゃんによるキュレーションです。当日はお天気に恵まれ、大勢の方がいらして下さいました。3月に静岡グランシップでの写真展で本を購入して下さったという元保育士さん、英語版の被災地のガイドブックを作ろうと活動されている方、ボランティアで何度も被災地へ行っている造園業さん、ボランティアで東北へ行かれた際にキッズフォトジャーナル陸前高田支局長の石川愛美ちゃんと会っていたという方。(彼は、写真作品の名前を見て「鳥肌がたった!」と驚いてました。)

などなど、多くの方が被災地のことを忘れずに、自分なりにできることをやっているということを教えて下さいました。

とても素晴らしい時間を共有させて頂きました。

 

今回、このTAKATA-FESTA in 熱海にお声がけをしてくださった、陸前高田の隊長 清水 弥さんはじめ、スタッフの皆様ありがとうございました。最後の挨拶で清水さんがおっしゃっていた言葉が胸に残っています。

「このイベントをしたことで、陸前高田と同じように海に近いこの熱海の皆様が災害時に、一人でも多くの命が助かってくれたらと願っています。」http://www.takatafesta.com/takata-festa-2014/

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 

 

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal

2014年

6月

08日

3年ぶりの福島

弟の那月君とともに避難先の愛知から福島へ帰ってきた福島支局の丹治基規君。
しばらく離れていた故郷の風景を写真におさめて届けてきてくれました。

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は4月10日に福島の花見山で同級生の藤倉愛樹君(12)=左=と佐藤貫太君(12)=右=と

一緒に撮った写真です。

3年ぶりに福島の友達と遊んで福島での生活が再スタートした感じがしました。

桜がきれいだったのでみんなで撮りました。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は4月10日に福島の花見山から撮った福島市の写真です。

これから福島で楽しい生活をおくりたいと思いました。

山から見ると自分の街はけっこう広いなと思いました。

 

丹治基規 福島支局 13才

2014年

6月

04日

3/11キッズフォトジャーナル@TAKATA-FESTA in 熱海

2014年6月7日(土)、8日(日)の二日間,静岡県熱海市にて開催される

陸前高田復興支援TAKATA-FESTAhttp://www.takatafesta.com/)に
キッズフォトジャーナルが出展することになりました。(キッズフォトジャーナルの参加は8日のみです)

キッズフォトジャーナル発足時から参加、今年から陸前高田支局長として着任した石川愛美ちゃんが支局の仲間の写真をキュレーションした写真パネル展示、また週間写真手帳の販売などもあります。是非、みなさまご参加下さい。

 

FBページのイベントページも是非お誘い合わせにご利用下さい。

https://www.facebook.com/events/479767332156905/


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Rento Otani/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rento Otani/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ayaka Murakami/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ayaka Murakami/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Tomoya Murakami/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Tomoya Murakami/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Riu Kouno/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Riu Kouno/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Haruki Kanno/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Haruki Kanno/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Fumiya Kanno/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Fumiya Kanno/Rikuzentakata/311 Kids' Photo Journal

2014年

6月

01日

ずっといっしょに

福島支局の丹治那月君より避難先の愛知から3年ぶりにもどってきた福島への思いが写真とともに届きました。
是非、ご覧ください。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、今、ぼくが通っている渡利小学校です。
一年生のころいらいなのでとても、なつかしくかんじました。    
ぼくは、しんさいがおきてから、福島から愛知に3年間くらいお母さんとお兄ちゃんと三人でひなんしました。
じこがおきて、放射能が出たけどお母さんのじっかが愛知にあったので、そこへひなんしました。
友達はみんなぼくのことをおぼえていてくれたのでとてもうれしかったです。

校庭には、モニタリングポストがつけられていました。
他の、学校にもモニタリングポストがあったのでそれだけ放射能がいろんな所に積もっていることが分かりました。
放射能は、少しでもすくなくなったらいいなと思います。

最近は、よくお父さんと二人で渡利小学校にいって野球をやっています。

放射能は、いつまでもあるけど、ずっと家族といっしょにいたいです。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

丹治那月 福島支局 10才

 

 

2014年

5月

23日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、釜石支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。


東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

 

2月下旬、僕が震災前住んでいた箱崎に今も住んでいる祖父に今の箱崎町について話を聞いた。

震災から約3年たつ今(2月下旬)でも人も、建物も震災直後とほとんど変わっていないという。
被災した地元から離れたところに住んでいる私からみてもそう思う。
地元に戻るたび復興の難しさを実感させられるのだ。
また、祖父が言うには復興に関する計画があるらしいのだが、それについても実行が難しいらしく、
手がついていない状況にあるという。計画を実行に移すにもさまざまな問題があるのだと思う。
そうなると地元に家を建てて戻りたいという人がいても、どこに工事が入るのか分からないため
家を建てる場所に困ってしまう人が出るだろうと聞いた。
震災から3年たってもまだこのように問題が残っており、これから先も問題解決には多くの時間がかかるだろう。
しかし、周りを見ていて変化があるのも事実だ。いつか震災前のような町に戻ることを願っている。

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント
岡道 一平 釜石支局 17才

 

 

2014年

5月

19日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、気仙沼支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal


3月11日、気仙沼では希望・鎮魂・感謝を表した三本の光を空に向かって放ちました。

去年も震災の日に光を放って亡くなった人を弔いました。

去年より変わったことは鹿折にあった共徳丸がなくなりかさ上げが進んできました。

板チョコのようにも見えるし、古墳のようにも見える盛り土が増えて、
復興が少しずつ進んでいるのが目で見て分かるようになってきました。
それと同時に震災が風化しているのも目に見えてきました。

震災があったことを後世に伝えるため、大切な光だと思いました。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

佐藤 翔太 気仙沼支局 17才

 

2014年

5月

12日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、気仙沼支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shota Sato/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

 

3月11日、気仙沼では希望・鎮魂・感謝を表した三本の光を空に向かって放ちました。

去年も震災の日に光を放って亡くなった人を弔いました。

去年より変わったことは鹿折にあった共徳丸がなくなりかさ上げが進んできました。

板チョコのようにも見えるし、古墳のようにも見える盛り土が増えて、
復興が少しずつ進んでいるのが目で見て分かるようになってきました。
それと同時に震災が風化しているのも目に見えてきました。

震災があったことを後世に伝えるため、大切な光だと思いました。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

佐藤 翔太 気仙沼支局 17才

 

2014年

4月

21日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、陸前高田支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

【会場を静かに照らすキャンドル】

 

小さなろうそくの火。人々の心を癒すキャンドルアートも撮りました。これは、「輝」の1部分です。とてもきれいでした。

 

たくさんの人々がきて、寒い中もとても温かくなったと思います。いい3月11日でした。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

陸前高田支局 石川愛美 13歳

 

2014年

4月

20日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、陸前高田支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

【キャンドルアートで書かれた「輝」】

 

この「輝」という字は、「ひかり」と読むそうです。なぜ「ひかり」と読んだのかそれには深い理由がありました。

 

実行委員の方々がかさあげで駅前通りが無くなる前に「もう一度駅前通りをみたい!」、「駅前通りをもう一度再生させたい!」という意思でイベントが計画されたそうです。本当は駅をライトアップしたかったそうでしたが、許可がおりず、実現できなかったそうです。なので、今回のようなイルミネーションやキャンドルアートとなったそうです。

 

なぜ、「輝」を「ひかり」と読んだのかは、実行委員の方々が亡くなった同級生の1文字をとって「輝」を「ひかり」と読んだそうです。

私は、その話を聞いてとても感動しました。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

陸前高田支局 石川愛美 13歳

2014年

4月

19日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、陸前高田支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

【駅前通りを光るイルミネーション】

 

3月8日から3月11日に行われた「高田に輝の花を」というイベントの写真を撮ってきました。

とても寒い中、多くの人が見に来ていました。実行委員の方々の復興への思いと駅前通りへの感謝の気持ちがよく表現されていました。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

陸前高田支局 石川愛美 13歳

2014年

4月

18日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、閖上支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Mana Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

今日は、毎年行っているおじさん、おばさんの家におはかまいりに行きました。おばちゃんは、プーさんとペコちゃんが大すきだったので、画用紙にメッセージを書き、ふうせんにも、メッセージを書いてきました。前はプーさんでうしろはペコちゃんにして、ふうせんも、たくさんかざってきました。ふうせんが一つだけとんでいったけど、私ひろってきました。風もふいていて、さむかったです。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

玉田真菜 閖上支局 9才

 

2014年

4月

17日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、閖上支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Mana Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

魚やさんをやっていた、おじさんのところに行きました。おじさんは、おさけをのんでみんなわらわせた思いで!!だから、ビールとたばこと、せんこうをあげてきました。わたしたちは、かみふぶきをプレゼントとして、れいちゃんと2人で、まいてきました。おうちがわかるように、まいてきました。

 

※「DCS03377からDCS03385まで」と写真の指定をしてくれました。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

玉田真菜 閖上支局 9才

2014年

4月

16日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、閖上支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

私は、避難所生活をしているときにきてくれた鏡味仙次さんと太田さんと愛知県から来てくれたシンガーソングライターのしがせいこさんが来てくれました。名取で曲芸師の仙次さんは、私にやる場所がないか手紙や電話がきました。そこで、おじいちゃんとおばあちゃんが住んでいる愛島東部仮設住宅でやってもらいました。

 

歌を歌ってくれたしがせいこさんや太田さんと曲芸師をひろうしてくれた鏡味仙次さん。最後にみんなで写真を撮りました。

 

左から仮設の会長さん、お母さん、しがせいこさん、仙次さん、マネージャーさん、

(下)真菜、太田さん

 

楽しい一日でした。本当に協力してくれたみなさん、ありがとうございました。

 

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント

閖上支局 玉田礼菜 12歳

2014年

4月

15日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、閖上支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
今日、3月8日は、閖上に行きました。去年も行ったおじちゃんとおばちゃんの家に行きました。今年も風船をかざったり、画用紙には、プーさんとペコちゃんの絵をかき、メッセージを書いて、かざってきました。めだつように風船もかざることにしました。

おばさんの家で拝んで(まだ、閖上は何も変わってないよ)と伝え、帰りぎわには「また来るね!!」と行って帰ってきました。通りすぎると、風船が目立っていて良かったです。

でも、世界の人々に伝えたい事は、まだたくさんあります。それは、閖上の町が復興がまだ進んでないという事を、世界の人々に伝えたいと思いました。

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント
閖上支局 玉田礼菜 12歳

 

 
 

2014年

4月

14日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、赤前支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

三年前まで、ガレキがたくさんあった運動公園。今はガレキもすっかりなくなりただの空き地になってしまいました。しかし運動公園と野球場は再び再建築されることに決まったそうです。

 

完成するのはまだ先かもしれませんが、運動公園が完成することで、大会など多くの人が来場し、赤前の活せい化につながります。そして運動公園が完成することで赤前に元気と活気が戻ってくることを期待しています。

 

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント

赤前支局 佐可野瞬大 13歳

2014年

4月

13日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、赤前支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal

三年前まで、ガレキがたくさんあった運動公園。今はガレキもすっかりなくなりただの空き地になってしまいました。しかし運動公園と野球場は再び再建築されることに決まったそうです。

 

完成するのはまだ先かもしれませんが、運動公園が完成することで、大会など多くの人が来場し、赤前の活せい化につながります。そして運動公園が完成することで赤前に元気と活気が戻ってくることを期待しています。

 

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント

赤前支局 佐可野瞬大 13歳

 

2014年

4月

12日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、吉里吉里支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

今日は、吉里吉里の海岸に行った時、たくさんの大きな石がありました。海の中にあったそうです。びっくりしました。だんだん海の中は、きれいになってきてるのかなぁと思いました。

吉里吉里支局 小川留以 11歳

 

2014年

4月

11日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、吉里吉里支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

 
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

今日は、ひいおばあちゃんのお墓に妹たちも手をあわせました。震災の次の月に生まれた妹も3才になります。3年はあっというまです。

吉里吉里支局 小川留以 11歳

 

2014年

4月

10日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、吉里吉里支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

今日は、20人のおしょうさんが吉里吉里にきてくれました。吉里吉里じゅうを歩いて、ほうようをしました。

吉里吉里支局 小川留以 11歳

2014年

4月

09日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、吉里吉里支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

今日は、ひいおばあちゃんが見つかった吉里吉里海岸に行ってきました。おじいちゃんたちは、海にむかって手をあわせていました。この場所は、わすれられない所だけど、なかなか行こうとはおもわない場所になりました。

吉里吉里支局 小川留以 11歳

 

2014年

4月

08日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、吉里吉里支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Rui Ogawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

今日は、吉里吉里駅に行ってきました。3年前と変わりはなく、汽車は通っていません。だから、さびたままです。汽車の音が聞けなくてさみしいです。

吉里吉里支局 小川留以 11歳

 

 

 
 

2014年

4月

07日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、福島支局より!(愛知出張所)

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、愛知県にひなんしてきてから何回もあそんだ時のある公園です。ここは、お父さんとよくキャッチボールをやっていました。この公園は、せまいけど、キャッチボールをやる分には使いやすいです。そして、今日は、兄とキャッチボールをやりました。

 

丹治那月 福島県・福島支局(愛知出張所)

 

2014年

4月

06日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、福島支局より!(愛知出張所)

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、愛知県にひなんしてきてから何回もあそんだ時のある公園です。ここは、お父さんとよくキャッチボールをやっていました。この公園は、せまいけど、キャッチボールをやる分には使いやすいです。そして、今日は、兄とキャッチボールをやりました。

 

丹治那月 福島県・福島支局(愛知出張所)

 

2014年

4月

05日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、福島支局より!(愛知出張所)

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、ぼくの中で、とくべつな思い出がある場所の写真です。なぜとくべつかというと、この場所で知り合った人が、ここへきてからのはじめての友だちになったからです。この場所がなければ、もう、あの出会いがなくて、一人ぼっちになっていたかもしれないからです。

 

丹治那月 福島県・福島支局(愛知出張所)

2014年

4月

04日

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント、福島支局より!(愛知出張所)

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、僕が3年前に転入してきた小学校です。僕はここで卒業したのでとても思い出のある学校です。

 

丹治基規 福島県・福島支局(愛知出張所)

 

2014年

4月

03日

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント、筆甫支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは、私の小学校の校庭です。三月十一日午後二時四十六分、私は授業が終わり教室にいました。とつぜん教室がゆれて、それから放送が鳴りました。どうすればよいのか分からなくて、つくえにもぐっていました。ゆれるつくえをおさえてびくびくしていました。校庭へ出るとこわくて泣いている子がいました。それを見てまだ二年生だった私は不安に思い校舎を見ていました。地震のこわさをすごく感じました。

 

宮城県筆甫支局

写真・太田玄周

文・太田あま音

2014年

4月

02日

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント、赤前支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Gentaro Yamane/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Gentaro Yamane/Iwate/311 Kids' Photo Journal

3月11日、朝6時。海にお母さんときた。こわれた堤防から海をみた。静かな海だった。あの日から3年。変わらないのは海だけだと思った。ガレキもすっかりなくなってまた前の運動公園にもどってほしいと思った。自分もがんばらなければと思った。

岩手県赤前支局
山根源太郎

2014年

4月

01日

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント、筆甫支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは、家の前でとった妹の写真です。東日本大震災の日は、二才でした。保育所にいた妹はとてもゆれが大きくてこわかっただろうと思います。そんな妹も、今は五才になりました。何でもチャレンジする活発な妹です。

 

宮城県筆甫支局

写真・太田玄周

文・太田あま音

2014年

3月

31日

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント、筆甫支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは、私の小学校の校庭の写真です。福島第一原発のばくはつのあと、しばらく東京へひなんしました。新学期に学校へもどった時、両親から学校の外で遊ばないようにと言われ外へ出ませんでした。いつもチャイムが鳴ると外へ走っていって元気に遊んでいた私。みんながサッカーやおにごっこをしているすがたを見ていると「どうして私は外で遊べないのかな」と思いました。三年生になったばかりの私には理解するのがむずかしかったです。

 

宮城県筆甫支局

写真・太田玄周

文・太田あま音

2014年

3月

27日

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント、筆甫支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは、二時四十六分にみんなでもくとうをした写真です。地震のあと、小学校のメンバーが増えました。福島からひなんして来た子が七人いたからです。今も、二人の友達が残っています。大変だった子たちと友達となって、私とはちがう経験をしたのだろうと思いました。そして、別れるのはさびしかったです。お父さんをなくした友達もいます。あの日にどれだけ不安な気持ちで、お父さんの帰りを待っていたんだろう。私はお父さんやお母さんもいます。つらい思いや悲しい思いをした友達の気持ちになって、それからなくなったたくさんの人たち、ひさいした人たちを思ってもくとうしました。

 

宮城県筆甫支局

写真・太田玄周

文・太田あま音

 

 

2014年

3月

26日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、福島支局より!(愛知出張所)

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Natsuki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、北河田小学校での最後のクラスのたんにんのさわだ先生です。
さわだ先生は、いつもえがおで、おもしろいです。
ぼくは、最後の一年をさわだ先生といっしょにいられて、よかったです。

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント
丹治那月 福島県・福島支局(愛知出張所)

2014年

3月

18日

2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、福島支局より!(愛知出張所)

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真の人は、僕が3年前に愛知県にひなんしてきたときに一番初めにおせわになった中山先生です。僕をバスケットクラブにさそってくれたり、児童会長にすいせんしてくれたり、いろいろおせわになりました。僕にとって大切な先生です。


2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント
丹治基規 福島県・福島支局(愛知出張所)

 

2014年

2月

26日

3/11 キッズ フォト ジャーナル2014年版写真手帳刊行、ご注文受付中!

photo ©Miki Hasegawa / 311 Kids Photo Journal
photo ©Miki Hasegawa / 311 Kids Photo Journal

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、2014年3月11日から始まる週間「写真手帳」を刊行します。

岩手、宮城、福島の各支局のメンバーたちが撮影し綴った写真と文章とともに2015年3月11日までお使い頂けます。

 © 311 Kids Photo Journal
© 311 Kids Photo Journal
 © 311 Kids Photo Journal
© 311 Kids Photo Journal
 © 311 Kids Photo Journal
© 311 Kids Photo Journal

<写真手帳概要>

■タイトル:3/11キッズ フォト ジャーナル2014年版写真手帳

■体裁:B6判変型 / カラー / 本文132頁 

■言語:日本語 / 英語 (キャプションやプロフィールの筆者はすべて23人の子どもたちです。)

■写真点数:78点 (写真はすべて23人の子どもたちが撮影しました。)

■撮影時期:2011年7月~2014年1月

■発行者:3/11 キッズ フォト ジャーナル

■発行日:2014年3月11日

■定価:1,500円 (税込)

■ 助成:ベネッセ募金 機材提供:ソニー株式会社 後援:朝日新聞社

 

2014年度写真手帳購入方法

 

①専用フォームから申し込む(推奨)

http://bit.ly/311kpj-order

 

②3/11キッズフォトジャーナルのFacebookページのメッセージより申し込む

https://www.facebook.com/KidsPhotoJournal

より、下記の必要事項をメッセージに書いてお送り下さい。

 

③メールで申し込む

info@kidsphotojournal.orgへ下記の必要事項をメッセージに書いてお送り下さい。

件名に「3/11KPJ写真手帳購入希望」と明記願います。

 

④ハガキで申し込む

〒131-0032

東京都墨田区東向島2-38-5

3/11キッズ フォトジャーナル事務局

まで、下記の必要事項をメッセージに書いてお送り下さい。

 

⑤電話で申し込む

050-5806-0311へ、下記の必要事項をご用意の上、担当者へご注文下さい。  

 

【ご注文の際にお知らせ頂く必要事項はこちらです】

②から⑤の方法は共通しています。

 

◎お名前(ふりがな)◎ご住所(〒番号から建物・ビル名、号室まで必ずご記入下さい)◎メールアドレス(②と③の方は必須)◎お電話番号◎ご希望の部数(1部1,500円、送料無料)

※2013年度版の写真新聞ご希望の方はあわせてご注文が可能です。

*岩手、宮城、福島3県版 タブロイド判 1セット1,000円(送料無料)

その場合、ご希望の部数をお知らせ下さい。

 

2014年版写真手帳の全売上げは、3/11キッズ フォト ジャーナルの活動継続のために使われます。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナルとは

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、2011年6月の設立以来、被災した東北の子どもたちがふるさとの復興の様子や日々の生活の移り変わりを写真と文章で記録し、世界に発信、その記録を次世代、未来の日本へ繋げるプロジェクトとして、活動を継続してまいりました。本プロジェクト参加メンバーの子どもたちは、世界の人々に被災地をより深く知ってほしいという強い想いを原動力に、独自の視点で被災地の現実を捉え写真と文章に表現しています。子どもたちの写真に直接に触れていただくことで、長期にわたる被災地の復旧・復興、地域再生の道のりに多くの方が想いを寄せつづけてくださり、共感と支援の輪が波及することを切に願っております。

 

◎お問い合わせ先

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

〒131-0032 東京都墨田区東向島2-38-5  

電話: 050-5806-0311  

E-mail: info@kidsphotojournal.org

0 コメント

2011年

9月

25日

【名取のメンバーの写真をご紹介】

宮城では気仙沼に続き、名取(閖上)でも活動しました。今回は、玉田礼菜ちゃんが撮ってくれた写真と文章をご紹介します。

 
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids Photo Journal

「ガレキを見つめているおじさん。

ガレキの向こうは、閖上海岸だった。

船の上からガレキの撤去をしている場所を見つめている」

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids Photo Journal

「船がいっぱい並んでいたけど、3月11日の大津波で並んでいた船が流された。

今は5、6隻しかなかった」

以前はびっしりと船が並んでいた海岸線を表現するために、礼菜ちゃんは「上からのアングル」にこだわりました。ちょうど「ガレキを見つめているおじさん」の軽トラが船の目の前に停まっていたので、おじさんに声をかけ、荷台に乗せてもらって撮影した写真です。

 

 

Kids Photo Journal

生津勝隆

0 コメント

2011年

9月

25日

【これがキッズフォトジャーナルです】

写真を撮ったら、こうしてそれぞれがジャーナルにまとめていきます。福島での作業の様子から。

福島で写真をレイアウトしながら、スケッチブックにお話しを書いていくという作業を昨日  した。どの写真で始めるか聞いてみる。ハッとさせられる選択あり、原発から19.3キロのとこ  ろに家があった真衣ちゃん、「立入禁止」の一枚を手に取って書き始めた。
福島で写真をレイアウトしながら、スケッチブックにお話しを書いていくという作業を昨日 した。どの写真で始めるか聞いてみる。ハッとさせられる選択あり、原発から19.3キロのとこ ろに家があった真衣ちゃん、「立入禁止」の一枚を手に取って書き始めた。
有麻君は現在避難している福島市の自宅から見える風景からスタート、読む人に問いかける  ような文章を書いている。
有麻君は現在避難している福島市の自宅から見える風景からスタート、読む人に問いかける ような文章を書いている。
避難してきた会津若松の役所に生えてたイチョウの木の根元に銀杏から芽を出した苗木を見  つけたというユウト君、自宅に持ち帰って育てている。数枚あった中から選んだのが空を背景  にして一緒に写した一枚だった。
避難してきた会津若松の役所に生えてたイチョウの木の根元に銀杏から芽を出した苗木を見 つけたというユウト君、自宅に持ち帰って育てている。数枚あった中から選んだのが空を背景 にして一緒に写した一枚だった。
サッカー少女の菜々ちゃんは、サッカーな日々を構成。大阪に招待試合に行った時のこと、  全国高校サッカー選手権の第一回戦の様子、お兄ちゃんの通っている小高工業高校、離ればな  れになった選手がこの日集結して闘って、第一回戦を勝ち抜いたそうだ。
サッカー少女の菜々ちゃんは、サッカーな日々を構成。大阪に招待試合に行った時のこと、 全国高校サッカー選手権の第一回戦の様子、お兄ちゃんの通っている小高工業高校、離ればな れになった選手がこの日集結して闘って、第一回戦を勝ち抜いたそうだ。

3/11 KIDS PHOTO JOURNAL

後藤由美

0 コメント

2011年

9月

24日

【宮城気仙沼での活動に参加してきました】

宮城気仙沼での活動に参加して来ました。昨日の活動から数コマ写真をアップします。詳細な報告は宮城チーム担当の生津勝隆よりまた後日。

参加してくれてる子どもたちによるブログ開始の準備も進めています。お楽しみに。

 

3/11 Kids Photo Journal

後藤由美

0 コメント

2011年

9月

22日

【偶然の再会】

宮城県名取市の閖上地区からは、礼菜(れいな)ちゃんと真菜(まな)ちゃんの姉妹が参加

してくれることになりました。私が初めて2人に出会ったのは、まだKPJの話すら出ていなかった4月下旬、初めて被災地を訪問したときのことでした。避 難所の小学校で、元気いっぱいに遊んでいる小学生の集団に遭遇し、礼菜ちゃんと真菜ちゃんはその中心となってキラキラと飛び回っていました。僕は持ってい たカメラで、子どもたちの元気な姿を写真に撮らせてもらいました。東京に帰ってフィルムを現像し、印画紙に焼き付けられた子どもたちの笑顔を見ていると、 どうしても写真を直接手渡したくなり、僕は次の休みに会いに行くことにしました。

名取のKPJメンバーの礼菜ちゃんと真菜ちゃん(photo by ©Masataka Namazu/311 Kids   Photo Journal)
名取のKPJメンバーの礼菜ちゃんと真菜ちゃん(photo by ©Masataka Namazu/311 Kids Photo Journal)

ちょうどその頃、KPJの企画が持ち上がり、7月上旬に再び宮城を訪れました。しかし、つい数日前に全員が仮説住宅に入り、避難所は解散したという話を耳 にしました。それは喜ばしいお知らせだったのですが、住所も知らない僕は、もう2人と一緒に遊べなくなってしまったな、と寂しい気持ちを抱いたのも正直なところです。

避難所に伺う必要がなくなった僕は、津波で全壊してしまった「閖上小学校」に向かいました。どんな小学校だったのか実際に訪れてみたかったからです。校庭には子どもたちが毎日遊んでいたであろう遊具がそのままになっていて、歓声が聞こえてこないのがとても残念でした。

閖上小学校の体育館に積み上げられていたランドセル。(photo by ©Reina Tamada/Miyagi/  311 Kids Photo Journal)
閖上小学校の体育館に積み上げられていたランドセル。(photo by ©Reina Tamada/Miyagi/ 311 Kids Photo Journal)

僕は校庭の奥にある体育館に入り、泥がきれいに落とされた無数の家族写真に見入っていました。地元の方々も自分たちの写真がもしかしたらあるのではないか と、写真の山から一枚一枚、真剣に見ておられました。そんな光景を見つめていると、だだっ広い体育館の中で、ふと見慣れた顔と目が合いました。

「あ~!」

そうです。礼菜ちゃんと真菜ちゃんのご家族でした。震災以来、その日初めて自宅周辺と閖上小学校まで来てみた、とのことでした。もう会えないかもと思って いた矢先に偶然にも再会できて、僕はこの素晴らしいご縁に心から感謝しました。その日も夕方までずっと、閖上小学校の校庭で走り回って遊びました。

礼菜ちゃんと真菜ちゃんがKPJに参加してくれることとなり、これから何を撮りたいかを訪ねたところ、「閖上を撮りたい」と即答してくれました。津波で街 が壊滅してしまった閖上は、住民のほとんどが知り合いで、幼稚園、小学校、中学校まで一緒に育つ、昔ながらのコミュニティーが残っていた小さな浜町でし た。

街の中心にある公園のすぐそばに住んでいた礼菜ちゃんと真菜ちゃんにとって、そんな自分の街がやはり一番の宝物で、これから街が元気になっていく様子を写 真に収めたいとのことでした。これから街がかつての賑わいを取り戻してゆく様子を、礼菜ちゃんと真菜ちゃんの視線を通じで、皆様にもお届けすることができ ると思います。

閖上名物の朝市もスーパーの駐車場を借りて復活。(photo by ©Mana Tamada/Miyagi/311   Kids Photo Journal)
閖上名物の朝市もスーパーの駐車場を借りて復活。(photo by ©Mana Tamada/Miyagi/311 Kids Photo Journal)

応援よろしくお願いいたします。

 

3/11 Kids Photo Journal

生津勝隆

0 コメント

2011年

9月

20日

【おじゃまします】

宮古の赤前では、源太郎(げんたろう)くん(通称源ちゃん)、直翔(なおと)くん、風香(ふうか)ちゃん、それと未来(みらい)ちゃん、4人の子供たちと 活動しています。男子、女子でチームを組み、それぞれが決めたテーマで取材、撮影をしています。この日は男子の「写真大好きチーム」の取材テーマ「町が復 興する様子」を記録する為、子供たちと瓦礫が残る町に向かいました。

写真大好きチームの源ちゃん、赤前を撮影中。(Photo by ©Masaru Goto/311 Kids Photo   Journal)
写真大好きチームの源ちゃん、赤前を撮影中。(Photo by ©Masaru Goto/311 Kids Photo Journal)
風香ちゃんと直翔くんが家族とともに暮らしていた赤前の家、源ちゃん撮影。(photo by   ©Gentaro Yamane/Iwate/311 Kids Photo Journal)
風香ちゃんと直翔くんが家族とともに暮らしていた赤前の家、源ちゃん撮影。(photo by ©Gentaro Yamane/Iwate/311 Kids Photo Journal)

源ちゃんが「おじゃまします」と言って、土台だけが残るある家の玄関らしき場所から入って行きました。すると、「ここには私の家があったの」横にいた風香 ちゃんがこう言いました。

僕はすでに土足で彼女の家の中にいました。挨拶もせず勝手に風香ちゃんの家に上がった自分がとても恥ずかしくなりました。「お じゃまします」と言って玄関から入った源ちゃんにとっては、町が津波の被害を受ける前から当たり前だった、人の家にお邪魔するときの挨拶。そして、形とし ては家が無くなっても、これまでと変わらずに礼節を重んじる、思いやりのあるその姿勢、カメラを持ってみんなと活動していくなかで、僕自身も、そうした、 何気ない普段の子どもたちの言動から、学ぶ瞬間が多い活動です。

 

3/11 Kids Photo Journal

後藤勝