プロジェクトについて

3/11キッズ フォトジャーナルは、2011年6月の設立以来、被災した東北の子どもたちがふるさとの復興の様子や日々の生活の移り変わりを写真と文章で記録し、世界に発信、その記録を次世代、未来の日本へ繋げるプロジェクトとして、活動を継続してまいりました。

本プロジェクト参加メンバーの子どもたちは、世界の人々に被災地をより深く知ってほしいという強い想いを原動力に、独自の視点で被災地の現実を捉え写真と文章に表現しています。

子どもたちの写真に直接に触れていただくことで、長期にわたる被災地の復旧・復興、地域再生の道のりに多くの方が想いを寄せつづけてくださり、共感と支援の輪が波及することを切に願っております。

 

 

About 3/11 Kids' Photo Journal
3/11 Kids' Photo Journal is a photography project involving children affected by the Great East Japan Earthquake and Tsunami. Since its establishment in June 2011, children from Iwate, Miyagi and Fukushima Prefecture have been taking photographs, writing about the progress of the recovery in their hometowns, and as a result, giving an insight into their daily lives and how much has changed for them since the events of three years ago. These children express the reality of life in the affected areas from their own points of view, which are motivated by a strong desire to share these with the rest of the world. Through the photographs taken by these children, we sincerely hope that people will give thought to the long journey to restoration, recovery, and community regeneration that is taking place in these parts of Japan, and as a result, the circle of support and sympathy will spread.

代表メッセージ

私は以前、紛争が絶えなかったインドネシアのアチェ州で「紛争下の子どもと女性の権利」をテーマにしたメディアキャンペーンプロジェクトに関わった事があります。2001年当時、アチェ州と言っても誰も知らなかったし、関心さえ持っていませんでした。写真を通して多くの人に問題意識をもってもらうことの難しさを痛感させられたプロジェクトでした。

「写真の力」を信じて活動して来たのに、何も出来なかったではないか……。それ以来、自分の力不足がずっと気持ちのなかに痼りとなって残っていました。2004年12月にスマトラ沖大地震・インド洋大津波が発生。日に日に伝えられるニュースから、その規模が未曾有のものであることがわかり、かつて、滞在時に世話をしてくれたローカルスタッフのなかにも犠牲者が出ていたことを知りました。今度こそ、何か力になれることはないのか。「写真」を使って伝えることで、何か出来ないか……。

そこで考えたことは 、現地の声を外に向かって発信する、ということでした。被災地の子どもたちに写真と文章で外の世界に伝えたいことを記録してもらってはどうか、子どもたちが写真と文章で表現した世界を外の世界とつなぐお手伝いなら出来るのではないかと、「InSight Out!」プロジェクトに取り組むことになりました。

テーマは「写真を通して多くの人びとに伝えたいこと」とし、最低限の技術指導がされた後、子どもたちはカメラを持って、それぞれのコミュニティへと戻って行きました。1週間後に再び子どもたちを訪ねて、見せてもらった写真は、私たち大人が想像する以上に現実をしっかりと捉えたものでした。

悲しい現実に眼を背けるのではなく、自分の意志で村に戻り、 壊滅的な打撃を受けた、それぞれが以前住んでいた家や学校の跡、家族のために自分たちで作ったお墓、避難民キャンプや仮設学校で学ぶ様子などが写し出されていました。勇気を持って撮影された子どもたちの写真は素晴らしかったです。

参加者の一人が こう話してくれました。「写真で記録して残しておきたかった事、そして、自分の思いを写真と文章を通して人びとと共有出来る事、それが嬉しい」と。写真の原点である「記録する事の大切さ」を勇気ある子どもたちの写真が教えてくれたのです。

そして、2011年3月11日、東日本大震災が発生しました。自分の生まれた国で、このような大災害が起きる日が来るとは……これまでいろいろな国の問題を、写真を通して伝えるお手伝いをしてきましたが、想像もしていませんでした。

このたび、「InSight Out!」の経験を活かし、3/11 Kids Photo Journalに取り組むことになりました。岩手・宮城・福島の3県で、参加してくれることになった勇気ある小さな仲間たちと活動していきます。今回の災害を体験した子たちにしか語れないこと、撮れないものがきっとあるはずです。今は思うようにうまく伝えられない子もいるかもしれません。ですが、その思いを伝える準備が出来たときに、自分たちの写真と文章が残っていて良かったと思える日が来ると信じています。

ここから「写真の力」を信じて活動している仲間とともに、子どもたちの思いをさらに多くの方々へつないでいくお手伝いが出来ればと思っています。ご支援をよろしくお願いします。

 

In 2001 I was part of a media campaign for the rights of women and children affected by conflict in the war torn province of Aceh, Indonesia. At the time no one knew where Aceh was or showed little interest in the region. It was a project that taught me painfully the difficulty of raising awareness through photography.

I believed in the power of photography yet felt that I couldn’t change anything. I have been living with the consequences of this bitter experience ever since. In December 2004, the Indian Ocean Earthquake and Tsunami struck near the coast of Sumatra. Based on daily news reports I understood that this disaster was unprecedented and that some of the local staff I knew from my past assignment had also fallen victim to the disaster. I thought that there had to be something I could do this time. I was determined to find a way of communicating through photography.

I decided to find a way for the local people to have a voice that could be heard throughout the world. Why not ask the local children, themselves victims of the disaster, to document what they want the world to know through photography and words? Perhaps I could assist in bridging the lives of these children with the outside world. This is how the project InSight Out! began.

The theme for the project was “Things you want to tell through your photographs to as many people as possible,” and with very basic technical tutoring, the children returned to their communities with cameras. One week later we revisited the children, and the photographs they showed us expressed their reality in a much stronger way than we, as adults, had expected.

They did not turn their backs on their tragic circumstances, but returned to their villages out of their own will, and courageously photographed graves they made themselves for their families, the traces of their destroyed homes and schools, and scenes of children attending makeshift classrooms in refugee camps.

One of the participants told me, “It made me happy to record with photographs and share my thoughts and feelings with others.” The courage of children has reminded me of a fundamental aspect of photography - the importance of documenting.

On March 11, 2011, Japan was struck by the Great East Japan Earthquake and Tsunami. Despite working on problem issues in many other countries before I had never imagined that this sort of disaster could strike the country of my birth.

So with my experiences from InSight Out! I decided to launch the 3/11 Kids Photo Journal. I will work together with my courageous young team members from Iwate, Miyagi and Fukushima Prefectures. There must be things that only the children who experienced this disaster can tell through photography. There may be some who are not able to communicate readily now, but when they are ready to share, the day will come when they are glad that their words and photographs are there for them.

From here onwards, along with my colleagues who believe in the power of photography, I will assist in linking the children’s thoughts and feelings to as many people as possible. 


Please give us your support.

「3/11 Kids Photo Journal」代表 後藤由美

 

プロフィール:

アジアを拠点に活動するフォトコンサルタント。プロデュース、キュレーション、フォトエディッティング、リサーチなど、写真に関する総合的なコンサルティングに関わる。
重点テーマは、紛争、現代社会問題、人権侵害、女性問題など。これまでNGO、人道支援・人権擁護団体などの写真を使ったキャンペーンや出版、またアジア圏で開催される国際フォトフェスティバルやイベントのキュレーション及びプロデュース、写真賞のノミネートや審査に多数関わる。
写真を通して問題そのものと、その問題に取り組む写真家の存在を世界に紹介すること、また一個人として社会に貢献できることは何かを、写真を通した活動から見る側に問いかけることに力を入れている。
写真家の仕事の露出機会をサポートする団体、リマインダーズ・プロジェクト代表。

http://www.reminders-project.org

2011年度さがみはら写真アジア賞ノミネーター、オーストラリアWALKEYAWARDS審査員、インドネシアBINUS国際写真コンペティション審査員、マレーシアKL PHOTO AWARDS審査員、2010年度タイ外国人記者クラブ主催フォトコンテスト審査員、2010年度よりアンコールフォトフェスティバルのフォトコンサルタント 、講談社100周年記念写真集プロジェクト「THIS DAY 希望の一日」、3/11 TSUNAMI PHOTO PROJECTフォトエディターなどを務める。 
2005年度やよりジャーナリスト賞受賞。

Yumi Goto is an experienced independent art and documentary photography curator, editor, researcher and consultant who focuses on the development of cultural exchanges that transcend borders. She collaborates with local and international artists who live and work in areas affected by conflict, natural disasters, current social problems, human rights abuses and women’s issues. She often works with human rights advocates, international and local NGOs, humanitarian organizations as well as international photo festivals and events throughout Asia. She is a founder of REMINDERS PROJECT, and has launched REMINDERS PHOTO PROJECT GRANT FOR ASIAN PHOTOGRAPHERS with the Angkor Photo Festival. Goto is a nominator of Sagamihara Photo City’s Asia prize and a jury member of the Asian Women Photographers Showcase for the Angkor Photo Festival, a jurist for the Foreign Correspondents Club of Thailand Annual Photo Contest 2010, the KL PHOTO AWARD 2011 and for the Nikon-Walkley Awards 2011. She is a curator and a photo editor of the 100th memorial photographic book project, “THIS DAY OF CHANGE” by the Japanese publisher Kodansha, which was nominated for the Lucie Award’s support Category as well as 3/11 TSUNAMI PHOTO PROJECT. She is a recipient of Women’s Human Rights Activities Award, Yayori Journalist Award.

助成:べネッセ募金 

機材提供:ソニー株式会社 

後援:朝日新聞社

 

Grant Benesse Fund Equipment

Support Sony Corporation

Sponsored by The Asahi Shimbun Company