2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、陸前高田支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。

東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ami Ishikawa/Iwate/311 Kids' Photo Journal

【キャンドルアートで書かれた「輝」】

 

この「輝」という字は、「ひかり」と読むそうです。なぜ「ひかり」と読んだのかそれには深い理由がありました。

 

実行委員の方々がかさあげで駅前通りが無くなる前に「もう一度駅前通りをみたい!」、「駅前通りをもう一度再生させたい!」という意思でイベントが計画されたそうです。本当は駅をライトアップしたかったそうでしたが、許可がおりず、実現できなかったそうです。なので、今回のようなイルミネーションやキャンドルアートとなったそうです。

 

なぜ、「輝」を「ひかり」と読んだのかは、実行委員の方々が亡くなった同級生の1文字をとって「輝」を「ひかり」と読んだそうです。

私は、その話を聞いてとても感動しました。

 

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント

陸前高田支局 石川愛美 13歳