2014 3/11キッズフォトジャーナルアサイメント、釜石支局より!

キッズ記者たちから3月11日に撮影した写真が届き始めました。


東日本大震災と福島第一原子力発電所事故から4年目を迎えた3/11。311KPJキッズ記者たちは、それぞれが人びとに今伝えたいこと、見て欲しいことをテーマにアサイメントに出ました。撮影されて東京に届いた写真は随時、こちらのブログでご紹介していきます。

昨年のアサイメントは
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.546482008717205.1073741828.257391190959623&type=3
もご覧下さい。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by  ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ippei Okamichi/Iwate/311 Kids' Photo Journal

 

2月下旬、僕が震災前住んでいた箱崎に今も住んでいる祖父に今の箱崎町について話を聞いた。

震災から約3年たつ今(2月下旬)でも人も、建物も震災直後とほとんど変わっていないという。
被災した地元から離れたところに住んでいる私からみてもそう思う。
地元に戻るたび復興の難しさを実感させられるのだ。
また、祖父が言うには復興に関する計画があるらしいのだが、それについても実行が難しいらしく、
手がついていない状況にあるという。計画を実行に移すにもさまざまな問題があるのだと思う。
そうなると地元に家を建てて戻りたいという人がいても、どこに工事が入るのか分からないため
家を建てる場所に困ってしまう人が出るだろうと聞いた。
震災から3年たってもまだこのように問題が残っており、これから先も問題解決には多くの時間がかかるだろう。
しかし、周りを見ていて変化があるのも事実だ。いつか震災前のような町に戻ることを願っている。

2014 3/11 キッズフォトジャーナルアサイメント
岡道 一平 釜石支局 17才