3/11 キッズ フォト ジャーナル各県記者のウェブベルマーク主催イベント参加!

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

この度、ウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベントが、7月31日(木)に東京で開催されることになりました。震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため、このイベントで、岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して現地報告をすることになりました!

 

みなさまには各県代表をご紹介したいと思います。

 

宮城県を代表して太田あま音(あまね)さん(11歳)、玄周くん(9歳)二人はお姉さんのあま音さんが記者としておもに記事を、弟の玄周くんがおもに写真を担当している、写真記者コンビです。

 

太田 あま音(おおたあまね)/ 11歳

私たちの住む筆甫は福島県と隣り合う山里です。震災直後は放射能が降り、外で遊べなくなりました。除染をしたり、時間がたって、今は外で遊べます。これからも鳥の鳴き声や気持ちよい風が毎日流れてくる大好きなひっぽで元気に過ごしたいです。
あま音さんの最新の記事はこちらからご覧いただけます。
http://www.kidsphotojournal.org/2014/07/02/%E7%AD%86%E7%94%AB%E6%94%AF%E5%B1%80%E4%BE%BF%E3%82%8A-vol-1-%E6%9C%9D%E6%97%A5%E3%81%AE%E7%94%B0%E3%82%93%E3%81%BC/

 

太田 玄周(おおたげんしゅう)/ 9歳

ぼくの住んでいる筆甫は自然がいっぱいで、動物もたくさんいます。ぼくは、バードウォッチングが好きなので、これまでいろんな種類の鳥を見てきました。そんな筆甫の自然の写真が撮りたいです。全員で16 人のぼくの学校ではみんな仲良しです。
玄周君の最新の記事はこちらよりご覧いただけます。

http://www.kidsphotojournal.org/2014/07/03/%E7%AD%86%E7%94%AB%E6%94%AF%E5%B1%80%E4%BE%BF%E3%82%8A-vol-2-%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%A8%E3%81%A5%E3%82%8F-%E5%A4%AB%E5%A9%A6%E5%B2%A9-%E7%99%BB%E5%B1%B1%E9%81%93/ 

二人はウエブベルマークさんのアサイメントでも記事を寄稿していますよ。

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、2014年3月11日から始まる週間「写真手帳」は絶賛発売中です。

岩手、宮城、福島の各支局のメンバーたちが撮影し綴った写真と文章とともに2015年3月11日までお使い頂けます。

詳しくはこちらから。

http://www.kidsphotojournal.org/purchase/