7/31 ウェブベルマークイベント発表 筆甫支局:太田玄周君

photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Ryogo Shioda/311 Kids' Photo Journal

7/31に開催されたウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベント

「ウェブベルマークフォーラム2014」に岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して

震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため現地報告をさせていただきました。

各県代表のKPJキッズ記者の発表内容をみなさまにお届けしてまいります。

 

宮城県からは筆甫支局より姉弟で発表をしてくれた

太田あま音さん(11才)と太田玄周くん(9才)の2人。

普段は文章をお姉ちゃんのあま音さん、写真を弟の玄周くんで担当してくれていますが、

ウェブベルマークさんの発表ではそれぞれが自分で文章を書いて、写真を撮ってきてくれました。

今回は弟の玄周くんの発表をお伝えします。

 

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

 

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

これは、筆甫で3番目に高い山、夫婦岩です。なぜ夫婦岩とよばれるかというと、三角

形になっていて半分われているように見えるからです。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

山登りのコースとして親しまれています。とざんぐちからちょうじょうまで休みながらで

も1時間弱でのぼれます。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

ちょうじょうにはテーブルストーンがあり、てん望おおいわから筆甫のしゅうらくが見

わたせます。鳥や動物や虫がいます。フクロウの声も聞こえました。リスが走っていった

ところを見たり、イノシシがドロあびをしたくぼみも見られます。カブトムシやクワガタ

もたくさんいます。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

明るいぞうき林をすぎて暗い杉林をいくと少し寒くなります。そのあと長いかいだんを

登ると尾根に出ます。日あたりはいいですが風がとても強くなります。1mきゅうしゃめ

んにおりてみると風が無くなりあったかいです。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

ぼくはこのあたりまで鳥を見に行きます。小さいときから家族で登っている山で夫婦岩の上からみるとぼくの家やみそ工房や田んぼが全部見わたせます。

photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Genshu Ota/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

ぼくの好きな夫婦岩はしんさいごも全ぜんかわりません。
筆甫のお年よりは「ミヨトズワ」と発音します。

 

 

太田玄周 筆甫支局 9才