7/31 ウェブベルマークイベント発表 福島支局:丹治基規君

7/31に開催されたウェブベルマーク協会が被災地の現状を共有する目的のイベント

「ウェブベルマークフォーラム2014」に岩手、福島、宮城各県のKPJキッズ記者が上京して

震災の記憶が風化する中、子ども達のふるさとの現状をひろめるため現地報告をさせていただきました。

各県代表のKPJキッズ記者の発表内容をみなさまにお届けしてまいります。

 

福島県からは福島支局より丹治基規くん(13才)が発表をしてくれました。

普段は弟の那月くん(10才)とともに活動に参加してくれています。

 

 

キッズ フォト ジャーナルは、東北の被災校を継続的に支援できる仕組みとして昨年9月にスタートした「ウェブベルマーク」(一般社団法人ウェブベルマーク協会)さんと協力し、東北の現状を少しでも多くの方に伝えるべく、「ウェブベルマーク」のホームページにKPJキッズ記者の写真記事を掲載しています。 

http://www.webbellmark.jp/feature/Kids'PhotoJournal

                            

 

photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Miki Hasegawa/311 Kids' Photo Journal

福島支局の丹治基規です。弟と2人でキッズフォトジャーナルの活動を行っています。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕は、震災後すぐに、友だちに連絡できないまま愛知県にひなんしました。

僕は福島でも野球をやっていたので、ひなんしてすぐに、愛知県の野球チームに見学に行きました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

2011年の4月から、愛西市の北河田小学校に転入しました。転入して最初に声をかけてくれたのは、見学した野球チームに所属している永戸君でした。僕は、野球チームではショートを守っていました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕たちの家族はひなんするときに父だけが福島に残りました。父とはほぼ毎日、スマー

トフォンのビデオ通話で連絡をとっていました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

離れて暮らしていましたが、父が時どき愛知県に会いにきてくれました。その時は、家

族でキャッチーボールをしていました。父と母から放射能について話を聞いていたので、

福島にはあまり戻りたくありませんでした。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、僕が転入した愛知県の小学校です。
僕はここで卒業したので、とても思い出のある学校です。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

これは、小学校でお世話になった中山久美子先生の写真です。中山先生は、僕が転入してから卒業するまでの担任でした。僕は愛知県の中学校で1年間過ごし、今年の4月に福島に戻りました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は4月10日に福島の花見山で同級生の藤倉愛樹君、佐藤貫太君と一緒に撮った写真です。3年ぶりに福島の友だちと遊んで福島での生活が再スタートした感じがしました。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は、さっきの写真にも写っていた藤倉愛樹君です。藤倉君とは小学校1年生の

ときから友だちで、震災前まで一緒に野球の練習をしたりしていました。今は、一緒にギターをやったりしています。

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

今年の4月から家族一緒に暮らせるようになったので、今後は3年間の空白を少しずつうめていきたいです。

丹治基規 福島支局 13才