フランス旅日記

福島支局 丹治兄弟のお兄ちゃんの基規君(13才)から夏のアサイメントが届きました。
先月、フランスから届けてくれた「フランスの旅」の続きです。
基規君がこのひと夏を異国の地で過ごし、見えたもの、考えたことをフォトストーリーにして

伝えてくれています。


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

僕は8月3日から24日の間、フランスに行きました。

フランスに住んでいる両親の共通の友人が『夏休みをフランスで過ごさないか?』と誘ってくださったからです。

今年はホームステイと 『GANBALO SUMMER CALAVAN 2014』というプロジェクトに参加しました。

このプロジェクトは震災で被災したこどもをフランスに呼んで現地の人たちとの交流や体験、フランスの地理や歴史、

文化や言葉を学びながら旅をするものです。ホンダ・フランスが車を貸してくれる事になり、その車でフランスの各地を

回りました。この写真はフランスに着いて二日目にパリの広場から撮った写真です。

思ったより大きくて、フランスと言ったらやっぱりこれだなと思いました。

今年はエッフェル塔に登らなかったですが来年は登りたいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真は有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが最後に住んでいたお城クロ・リュセ城です。

中には彼の発明品や創作品、絵などが飾られています。見ていて飽きることなく楽しく楽しく観れました。

ダ・ヴィンチは都市設計にも関わっている事を知り、驚きました。

僕も将来は設計などの仕事に携わりたいと思っているので良い経験になりました。

 

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

この写真はヨーロッパ最大級の砂丘、ピラ砂丘です。

大きいので登ると結構きついです。

周りは森と海に囲まれていて、とても景色がいいです。

来年も機会があれば行きたいです。

 

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

ホームステイでお世話になった家族とロッククライミングをした時の写真です。

僕は生まれて初めてロッククライミングをしたのですが、家族のみんなは上手に登っていました。

初めてだったので最初は不安だったけれどやってみると意外に簡単でした。

  

photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Motoki Tanji/Fukushima/311 Kids' Photo Journal

これはフランスの図書館の写真です。

僕は本が好きでフランスの図書館にも興味がありました。

図書館には日本の まんが も多く置いてありました。

フランスのこどもの多くが日本の まんが が大好きなようです。

まんがってやっぱりすごいなと思いました。

 

丹治基規 福島支局 (13才)