震災から4年を迎える2015年3月11日を目指し、ポストカードブックを制作しています。

3/11 キッズ フォト ジャーナルは震災から4年を迎える2015年3月11日を目指し、ポストカードブックを制作しています。

ポストカードとして1枚ずつ切り離せる写真集で、子ども達の想いを投函して広めていただければと願い、企画しました。

先日の会議では表紙が決まりました。宮古市の赤前支局の佐可野瞬大君が書いてくれたイラストをもとにデザイナーが仕上げてくれました。

 


収録する写真は、子ども達が過去に撮ったものからお気に入りを選んだり、新作を撮り下ろしたりしました。

佐可野君は新作に臨み、思い入れのある野球場を取材してくれました。

先取りして1枚を紹介します。


photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Shunta Sagano/Iwate/311 Kids' Photo Journal


春になって草花も目を覚まし始めました。

普通の見方をすると雑草の生えた球場だけれど僕は彩りを加えてくれた草花に感謝しています。

被災した人と同じように復興を目指し、上へ上へと伸びていってくれているからです。

津波をかぶった所から草花が生えることは僕たちと同じ様に毎日頑張って「生きている」という事だと思います。

  

 

制作は今から佳境に入ります。

3月には詳細をお知らせできると思います。

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    宮崎美佳子 (水曜日, 11 3月 2015 07:28)

    短い文章の中に想いが恐縮されて表現出来ています。春を知らせる花の開花は未来をイメージ出来ます。