2015年夏の活動第一弾 報告①

3/11 キッズ フォト ジャーナルは、7月最後の週に宮城県と福島県在住のキッズ記者に会いに行ってきました。

一年ぶりに会う子もいれば、今年度から活動を開始したため実際に会うのが初めての子もいました。

キッズ記者の中には、今年度の活動を継続するかどうか、まだ答えが出ていない子もいました。

実際にお互い顔を見て話をすることで、キッズ記者が考えていることがよりよく理解できたと感じることもありました。

ここでは順番に今回の夏の活動第一弾の報告をしていきます。

 

7月28日、宮城県閖上支局の玉田礼菜さん(14才)・真菜さん(11才)姉妹に会いに行きました。

この時点で、二人からは今年度の活動継続の意思の確認がとれていませんでした。

話をする前に、まずはいつものように二人が撮りためたたくさんの写真を見せてもらいます。

 

姉の礼菜さんは桜の季節に近所でお花見をする人々の写真を撮っていました。

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal

礼菜さんはこの春中学3年生になりました。高校受験を控え、KPJのキッズ記者としての活動を今年度継続するかどうか迷っていましたが、実際に会って今年度は勉強に集中するため活動の休止を決めたという報告を受けました。


普段から写真を撮ることが大好きな礼菜さんは、将来写真家になる夢を持っています。

最近親戚から一眼レフカメラを譲り受けたそうで、それ以来主にこのカメラを使って写真を撮っています。

 

新しいカメラで撮影した妹の真菜さんの写真もありました。

photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Reina Tamada/Miyagi/311 Kids' Photo Journal


妹の真菜さんもふるさとの写真を撮影していました。かつて姉妹の家があった閖上の写真です。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

日和山から撮影したふるさとの写真です。

礼菜さん同様、真菜さんも今年度は活動を休止することを決めました。

photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal
photo by ©Mana Tamada /Miyagi/311 Kids' Photo Journal

3/11 キッズ フォト ジャーナル発足当初から活動を継続してきた玉田さん姉妹、自分たちで考えて今年度の活動休止を決めました。活動の継続、休止、退会を決断するのは、それぞれとても勇気がいることだと思います。

一旦活動休止を決めた礼菜さんと真菜さん、これまでどうもありがとう。

二人には、今自分たちにとって大切だと思うことにエネルギーを注いでほしいと願っています!


3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局