2016年夏の活動 第一日目 ③ (番外編)

8月6日夕方石巻を離れたKPJ号は、翌朝からの岩手県での活動に向けて北上を続けました。

途中気仙沼市に立ち寄り、高校卒業まで3/11 キッズ フォト ジャーナルの活動を続けた佐藤翔太くんのお母さんが営む「たに口」で夕食をとりました。

太陽のような女将さん、佐藤良子さんにお会いするのが一番の目的でした。

女将さんとのお話をとおして、翔太くんが引き続き東京で夢に向かって充実した日々を送っていることもわかり、うれしい時間となりました。

また来春地元の高校を卒業する翔太君の妹さんとも再会し、将来の目標や卒業後の進路に関する話も伺ってこちらまでワクワクしてきました。

 

現在は家庭料理の店として営業している「たに口」、もとは夫婦で気仙沼市河原田ですし店を営んでいましたが、東日本大震災でその店が流されてしまいました。

新町に店を再建した一年半後の2014年冬、今度は親方である夫を亡くすという更に大きな悲しみにおそわれました。

その後休業期間を乗り越え、家庭料理の店として再出発し現在に至ります。

気仙沼に行かれる機会があれば、地元の家庭料理が味わえる「たに口」に是非お立ち寄りください。

写真のとおり明るく美しい女将さんが目印です!

 

「たに口」

所在地: 〒988-0071  宮城県気仙沼市新町6-5

電話番号:0226-21-3038

 

3/11 キッズ フォト ジャーナル事務局

 

太陽のような「たに口」の女将さん
photo by ©Yumi Goto/311 Kids' Photo Journal

太陽のような「たに口」の女将さん、佐藤良子さん。